メインメニューを開く
武田薬品工業 > 吉富製薬

吉富製薬株式会社(よしとみせいやく、英文:YOSHITOMI PHARMACEUTICAL INDUSTRIES, LTD.)は、かつて存在した日本国内の大手製薬会社企業である。タケダグループの100%子会社であった。現在の東京証券取引所及び大阪証券取引所上場していた。

会社概要編集

  • 略称は「ヨシトミ」。
  • 全国の医療機関で処方されている処方箋医薬品化学品事業の研究・製造・販売を行っていた。なお、かつては、一般用医薬品事業も行っていた。
  • 1940年(昭和15年)8月1日、株式会社武田長兵衛商店(現:武田薬品工業株式会社)と日本化成工業株式会社[1]の企業折半により合弁会社「武田化成株式会社」(TAKEDA KASEI CO., LTD.)として会社設立された[2]
  • 1946年(昭和21年)12月10日、「吉富製薬株式会社」に商号変更。
  • 1998年(平成10年)4月1日、薬害エイズ事件フィブリノゲン問題で揺れていた「株式会社ミドリ十字」と実質上救済合併し、さらに当社の営業本部内に精神科医薬品事業本部が設置された[2]
  • 2000年(平成12年)4月1日、「ウェルファイド株式会社」へ社名変更。ただし、精神医薬品分野については、トミジェック吉富(株)、(株)エイパムと事業統合したうえで「吉富薬品株式会社」として分社化した[3]。翌2001年(平成13年)10月1日、三菱東京製薬株式会社と企業合併し、「三菱ウェルファーマ株式会社」(現:田辺三菱製薬株式会社)に会社設立となった(ただし、法的な存続会社はウェルファイド)[4]

これ以降の業績については、三菱ウェルファーマ吉富薬品を参照のこと。

事業内容編集

事業所一覧編集

2000年(平成12年)3月31日終了時点
本社・営業本部・支社
支店
  • 札幌支店
  • 仙台支店
  • 東京支店
  • 北関東支店
  • 埼玉支店
  • 千葉支店
  • 横浜支店
  • 甲信越支店
  • 名古屋支店
  • 大阪支店
  • 京都支店
  • 神戸支店
  • 広島支店
  • 高松支店
  • 福岡支店
営業統括部
  • 首都圏営業統括部
  • 東日本営業統括部
  • 関西営業統括部
  • 西日本営業統括部
物流センター
  • 関東物流センター(現在は廃止)
  • 札幌物流センター(現在は廃止)
  • 東京物流センター(現在は廃止)
  • 大阪物流センター(現在は廃止)
  • 関西物流センター(現在は廃止)
  • 九州物流センター(現在は廃止)
事務所・工場
  • 城東事務所(現在は解体)
  • 東京開発事務所(現在は解体)
  • 吉富工場(現:田辺三菱製薬工場株式会社 吉富工場)
  • 富山工場(現:株式会社大塚製薬工場 富山工場)
  • 淀川工場(現在は閉鎖)
  • 千歳工場(現在は閉鎖)
  • 久寿工場(現在は閉鎖)
  • オサダノ工場(現在は閉鎖)
研修所・研究所
  • 名張研修所(現在は閉鎖)
  • 東京研究所(現在は閉鎖)
  • 福崎安全性研究所(現在は閉鎖)
  • 大阪研究所(現在は解体)
  • 九州研究所(現在は廃止)
関連会社
  • 吉富物流株式会社
  • 国際試薬株式会社(現:シスメックス国際試薬株式会社)
  • アトケム吉富株式会社
  • セアック吉富株式会社
  • エム・アンド・ティ吉富株式会社(現:株式会社エーピーアイ コーポレーション)
  • 吉富エンジニアリング株式会社
  • 吉富倉庫株式会社(現:MPロジスティクス株式会社)
  • トミジェック吉富株式会社(現:吉富薬品株式会社)
  • 吉富ファインケミカル株式会社(現:株式会社エーピーアイ コーポレーション)
  • 吉富神経科学研究所
  • 株式会社カレックス
  • 株式会社ジェンコム
  • 株式会社エイパム(現:吉富薬品株式会社)
  • 不二興産株式会社
  • 吉富ファルマ株式会社
  • アルファ・テラピゥティク・コーポレーション
  • アルファ・テラピゥティク・アジア Pte Ltd.
  • アルファ・テラピゥティク・タイランド Ltd.
  • ミドリ・ファーメリカ・コーポレーション
  • 台湾緑十字股份有限公司
  • 廣州緑十字薬業有限公司
  • グリーン・クロス・コーポレーション・オブ・アメリカ Inc.
  • グリーン・クロス・インターナショナル Inc.
  • グレートイヤー・トレーディング・カンパニー
  • 吉富セーワ株式会社(現:田辺三菱製薬プロビジョン株式会社)
  • 株式会社バイファ(現在は事業停止のため廃業)
  • 株式会社マイサークル
  • 九州吉富物流株式会社

沿革編集

  • 1940年(昭和15年)
    • 8月1日 - 株式会社武田長兵衛商店(現:武田薬品工業株式会社)と日本化成工業株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)が共同出資し、「武田化成株式会社」(TAKEDA KASEI CO., LTD.)を会社設立。
  • 1942年(昭和17年)
    • 5月 - 福岡県築上郡東吉富村(現:吉富町)に吉富工場(現:田辺三菱製薬工場株式会社 吉富工場)が竣工。研究開発と生産を開始。
  • 1946年(昭和21年)
    • 12月10日 - 社名を「武田化成株式会社」から「吉富製薬株式会社」へ商号変更。
  • 1949年(昭和24年)
  • 1950年(昭和25年)
  • 1954年(昭和29年)
    • 化成品事業部門を新設。
  • 1960年(昭和35年)
    • 8月1日 - 設立20周年。
  • 1961年(昭和36年)
    • 東京都北区に「東京研究所」が竣工。研究開発を開始。
  • 1961年(昭和36年)
  • 1962年(昭和37年)
    • 大阪府大阪市東区(現:中央区。以下同じ)平野町二丁目に本社ビル竣工(現在は解体)。本社を大阪府大阪市東区道修町から移転。
  • 1968年(昭和43年)
    • 関連会社「成和興業株式会社」(現:田辺三菱製薬プロビジョン株式会社)を会社設立。「財団法人精神神経系薬物治療研究募金」(現:一般財団法人先進医薬研究振興財団)を法人設立。三重県楠町に「久寿工場」を竣工。
  • 1970年(昭和45年)
    • 吉富工場内に「中央研究所」(後に九州研究所)を竣工。
  • 1973年(昭和48年)
  • 1978年(昭和53年)
    • 関連会社「成和エンジニアリング株式会社」(後に吉富エンジニアリング株式会社へ社名変更、現在は解散)、「株式会社成和実験動物研究所」(後にセアック吉富株式会社へ社名変更、現在は解散)を会社設立。
  • 1980年(昭和55年)
    • 4月1日 - 医薬品の自社販売を開始。
    • 9月2日 - 関連会社「成和倉庫株式会社」(後に吉富倉庫株式会社へ社名変更、現在はMPロジスティクス株式会社)を会社設立。
  • 1982年(昭和57年)
    • 4月1日「エム・アンド・ティケミカルズ社」との合弁により関連会社「エム・アンド・ティ吉富株式会社」(現:株式会社エーピーアイ コーポレーション)を会社設立。
  • 1984年(昭和59年)
  • 1985年(昭和60年)
  • 1988年(昭和63年)
  • 1989年(平成元年)
    • 東京都文京区湯島一丁目に東京支社の新社屋(現在は閉鎖)が竣工。
  • 1990年(平成2年)
    • 7月1日 - 関連会社「ルシドール吉富株式会社」の社名を「アトケム吉富株式会社」(現:アルケマ吉富株式会社)へ変更。
    • 8月31日 - 非売品本「吉富製薬五十年の歩み」を発行。
  • 1993年(平成5年)
    • 三重県名張市に名張研修所が竣工。
  • 1995年(平成7年)
    • 11月1日 - 関連会社「トミジェック吉富株式会社」(現:吉富薬品株式会社の源流の一つ)を会社設立。
  • 1996年(平成8年)
    • 10月1日 - 「化成品事業部門」を分社化し、「吉富ファインケミカル株式会社」(現:株式会社エーピーアイ コーポレーション)として会社設立。
  • 1997年(平成9年)
    • 吉富工場内に「新製剤工場」が竣工。英国に「吉富神経科学研究所」(YRING)を設立。
    • 8月1日 - 「株式会社ミドリ十字」との合併契約書に調印し発表。
  • 1998年(平成10年)
    • 4月1日 - かつては、数々の社会問題で会社存続が厳しい「株式会社ミドリ十字」を実質上救済合併し、これを機に新生「吉富製薬株式会社」が誕生[5]。営業本部内に「精神科医薬品事業本部」を設置。
    • 6月22日 - 外用抗真菌剤「アトラント軟膏」を発売。
    • 10月1日 - 事業所にあった営業本部の第一線組織(営業所)を、2ライン体制に伴いスタートして、全国主要都市の各101営業所に再編。
    • 11月10日 - 英語版インターネットホームページ開設。
  • 1999年(平成11年)
    • 4月1日 -
      • 関連会社「吉富セーワ株式会社」(現:田辺三菱製薬プロビジョン株式会社)を存続会社として「株式会社ミドリファミリーサービス」、「株式会社ミドリユニオンサービス」、「株式会社グリーンエステート」を吸収合併する。
      • 東日本営業統括部と西日本営業統括部を廃止。新たに首都圏営業統括部と関西営業統括部に再編。
    • 9月2日 - 三菱化学株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)と協和発酵工業株式会社(現:協和発酵キリン)の共同で、ヒト遺伝子機能解析を目的とするベンチャー合弁企業である「株式会社ジェンコム」を会社設立。遺伝子組換えアルブミン製造専用工場の千歳工場が完成。
    • 11月30日 - 「都島工場」を業務閉鎖。44年の歴史に幕を閉じる。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月31日 - 4月1日より「ウェルファイド株式会社(Welfide Corporation)」に社名変更することとなり、約54年続いた社名に終止符が打たれた。

社史編集

  • 吉富製薬五十年の歩み(1990年8月31日発行、非売品本)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1934年日本タール工業株式会社として会社設立され、のち、三菱化成三菱化学を経て2017年4月1日に三菱ケミカルとなる会社。日本水素工業を前身とし、2018年4月に三菱ケミカル株式会社に吸収された日本化成とは別
  2. ^ a b c 有価証券報告書 (PDF)”. 三菱ケミカルホールディングス. p. 3 (2007年6月26日). 2018年6月29日閲覧。
  3. ^ a b 沿革”. 吉富薬品. 2018年6月29日閲覧。
  4. ^ ウェルファイド株式会社と三菱東京製薬株式会社との合併に関する覚書締結について”. 三菱ケミカル (2001年3月15日). 2018年6月29日閲覧。
  5. ^ ただし法的には新設合併ではなく、吉富によるミドリ十字の吸収合併である[2]

外部リンク編集