吉岡 彌生(よしおか やよい、1871年4月29日明治4年3月10日〉 - 1959年昭和34年〉5月22日)は、日本教育者医師位階正五位勲等勲二等東京女医学校東京女子医学専門学校東京女子医科大学創立者。東京女医学校校長、東京女子医科大学学頭、至誠会会長などを歴任した。旧姓は鷲山(わしやま)。俗に吉岡 弥生(よしおか やよい)とも表記される。

吉岡 彌生
(よしおか やよい)
YoshiokaYayoi1901.jpg
1901年に撮影された吉岡彌生
生誕 1871年4月29日
明治4年3月10日
日本の旗 日本遠江国城東郡土方村
死没 (1959-05-22) 1959年5月22日(88歳没)
日本の旗 日本東京都世田谷区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 東京女医学校
東京女子医学専門学校
東京女子医科大学
出身校 済生学舎
主な業績 女性医学者の育成
主な受賞歴 勲六等瑞宝章1924年
勲五等瑞宝章(1940年
勲四等宝冠章1955年
勲二等瑞宝章(1959年)
正五位(1959年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

概要編集

東京女子医科大学の前身である東京女医学校、東京女子医学専門学校を創設し、女性医師の養成や医学教育研究の振興に尽力した。津田梅子津田塾大学創立者)、安井てつ東京女子大学創立者)、鳩山春子共立女子学園創立者)、跡見花蹊跡見学園創立者)、下田歌子実践女子学園創立者)、横井玉子女子美術大学創立者)などと並ぶ、日本の女子教育の基盤づくりに活躍した女性教育者である。

また、日本女医会会長、教育審議会委員、日本医師会参与厚生省顧問などの公職も歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

 
彌生の父である鷲山養齋

遠江国城東郡土方村(現:静岡県掛川市)に、漢方医鷲山養齋の娘として生まれる。1889年(明治22年)に上京し、済生学舎(現:日本医科大学)に入学した。当時の済生学舎は、入学試験がなく女子も入学できる医術開業試験(現:医師国家試験)のための最も古い私立医学校であった。

1892年(明治25年)、内務省医術開業試験に合格し、日本で27人目の女医となる。

1895年(明治28年)に再上京し、昼間は開業をしながら夜はドイツ語を教える私塾・東京至誠学院に通学。同年10月に、同学院院長の吉岡荒太と結婚した。

学校設立編集

1900年(明治33年)、済生学舎が女性の入学を拒否したことを知り、同年12月5日、日本初の女医養成機関として東京女医学校を設立した。1912年(明治45年)に東京女子医学専門学校に昇格、1920年大正9年)に文部省指定校となり、卒業生は無試験で医師資格が取れるようになった。

戦時中編集

太平洋戦争中、「婦人国策委員第一号」他、愛国婦人会評議員、大日本連合女子青年団長、大日本青年団顧問、大日本婦人会顧問など要職に就き、多数の青年・婦人の戦争協力を指導。空襲後、疎開。

戦後、東京に戻り学校の再建に取り組むが、1947年(昭和22年)〜1951年(昭和26年)教職追放ならびに公職追放

晩年編集

1955年(昭和30年)危篤に際し、勲四等宝冠章を賜る。しかし、叙勲の知らせで奮起し、奇跡的に回復した。

1959年(昭和34年)5月22日、世田谷区の自宅で死去。遺言により遺体は解剖に付された。死後、正五位勲二等瑞宝章を賜る。

顕彰編集

 
東京女子医科大学河田町キャンパス弥生記念講堂(右)

東京女子医科大学の河田町キャンパスには、吉岡の像が建立されており、吉岡の名を冠した彌生記念講堂が設置されている。また、掛川市の吉岡彌生記念館や東京女子医科大学の吉岡彌生記念室などの施設では、吉岡の資料を収集、展示している。

家族編集

学校法人東京女子医科大学前理事長吉岡博光は孫。吉岡と同じく土方村出身の東京学芸大学学長鷲山恭彦は、本家筋にあたる。

栄典編集

 
勲五等瑞宝章を佩用する1941年(昭和16年)頃の吉岡。

著書編集

単著編集

  • 『和文独訳 独逸作文独修』誠之堂、1900年1月。NDLJP:869514
  • 『婦人の衛生』田中玲瓏編、明治出版社、1912年10月。NDLJP:935491
  • 『家庭の衛生』婦人文庫刊行会〈家庭文庫〉、1915年12月。
    • 『家庭衛生』上笙一郎山崎朋子編纂、クレス出版〈家庭文庫〉、2006年7月。ISBN 9784877333263
  • 『家庭看護の栞』箒文社、1916年10月。
  • 『日常衛生 若き婦人の心得』泰山房、1917年6月。NDLJP:934456
  • 『結婚より育児まで』東盛堂、1919年1月。
  • 『家庭衛生 婦人一生の心得』日新閣、1919年9月。
  • 『私の実験したる安産と育児』丁未出版社、1921年4月。NDLJP:934511
    • 『安産と育児』丁未出版社、1930年1月、増補新版。NDLJP:1048765
  • 『家庭に於ける看護の知識』東盛堂、1925年10月。NDLJP:935426
  • 『女医の将来と其使命』金原商店〈臨牀医学講座 特輯号〉、1936年1月。NDLJP:1074830
  • 『来るものゝ為に』相模書房、1937年5月。
  • 『母の教育 姙娠より育児まで』富文館書店、1938年10月。NDLJP:1054919
    • 『母の教育 姙娠より育児まで』国民書院、1940年10月。NDLJP:1054918
  • 『姙娠と安産の心得』婦女界社、1939年7月。
  • 『女性の出発』至玄社、1941年5月。NDLJP:1276750
  • 『婦人に与ふ』報道出版社、1943年1月。NDLJP:1276752
    • 『婦人に与ふ』大空社〈叢書女性論 42〉、1997年3月。ISBN 9784756802019
  • 『この十年間 続吉岡弥生伝』学風書院、1952年3月。
  • 『愛と至誠に生きる 女医吉岡弥生の手紙』酒井シヅ編、NTT出版、2005年5月。ISBN 9784757141179

共著編集

  • 山脇房子、嘉悦孝子、吉岡弥生『処女より主婦になる迄』日比書院、1922年4月。
  • 山脇房子、吉岡弥生、嘉悦孝子『若き女子の為めに』処女会中央部編、日比書院、1926年10月。

選集編集

  • 『来るものゝ為に』杢杢舎〈吉岡弥生選集 第1巻〉、2000年12月、編集復刻版。
  • 『女性の出発』杢杢舎〈吉岡弥生選集 第2巻〉、2000年12月、編集復刻版。
  • 『女医編』杢杢舎〈吉岡弥生選集 第3巻〉、2000年12月、編集復刻版。
  • 『随想編 1』杢杢舎〈吉岡弥生選集 第4巻〉、2000年12月、編集復刻版。
  • 『随想編 2』杢杢舎〈吉岡弥生選集 第5巻〉、2000年12月、編集復刻版。
  • 『近況随筆』杢杢舎〈吉岡弥生選集 第6巻〉、2000年12月、編集復刻版。

伝記等編集

  • 吉岡弥生女史伝記編纂委員会編『吉岡弥生伝』東京連合婦人会出版部、1941年9月。
    • 吉岡弥生女史伝記編纂委員会編『吉岡弥生伝』吉岡弥生伝伝記刊行会、1967年7月。
    • 神崎清『吉岡弥生伝 伝記・吉岡弥生』大空社〈伝記叢書 57〉、1989年1月。ISBN 9784872363562
    • 吉岡弥生『吉岡弥生 吉岡弥生伝』日本図書センター〈人間の記録 63〉、1998年8月。ISBN 9784820543084
  • 高見君恵『吉岡弥生』中央公論事業出版、1960年5月。
  • 竹内茂代『吉岡弥生先生と私』金剛出版、1966年8月。
  • 渡辺洋子『近代日本の女性専門職教育 生涯教育学から見た東京女子医科大学創立者・吉岡弥生』明石書店、2014年11月。ISBN 9784750340975

関連項目編集

外部リンク編集