メインメニューを開く

吉岡 悟(よしおか さとる、1949年4月14日 - )は、富山県中新川郡上市町出身の元プロ野球選手内野手)・解説者

吉岡 悟
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県中新川郡上市町
生年月日 (1949-04-14) 1949年4月14日(69歳)
身長
体重
174 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト10位
初出場 1969年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

富山商業では3年次の1967年、四番・二塁手として甲子園に春夏連続出場。春の選抜では一回戦で熊本工業に敗退し[1]夏の選手権は三回戦で優勝校の習志野高に敗れている[2]。卒業後は住友金属工業に就職が内定していたが、同年秋のドラフト10位で東京オリオンズに入団。当時は正二塁手に山崎裕之が君臨していたため、一軍には定着できなかった。1975年菊川昭二郎との交換トレードで太平洋クラブライオンズへ移籍し、オリオンズ時代の総出場数を超える69試合に出場。1976年には基満男の負傷欠場もあって二塁のポジションに入ると、コンスタントに打ち続けてレギュラーを獲得。6月20日日本ハム戦(後楽園)では1試合に3三塁打を放った。その後も夏場に打率を3割台に乗せると、他球団の主軸が成績を落とす中でもしぶとく打率を維持し、打率.309で首位打者を獲得。前年3位から一転して最下位に終わったチームに明るい話題をもたらし、同年のベストナインにも選出された。正二塁手となった1977年、打率が.228まで落ちたほか、ランキングも首位打者から28位に転落。本塁打は2本から6本と増えて非力からは脱却したかに見えたが、前年13本の三塁打がたったの1本に終わってしまう。他球団のマークが厳しくなり、内角の速球に苦しんだのが原因だった。球団が所沢に移転して「西武ライオンズ」となった1979年6月行沢久隆との交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。ロッテ時代に二軍監督だった大沢啓二監督の下で再起を図り、7月4日南海戦(大阪)に9番・二塁手で移籍後初出場。5打数3安打と結果を残すと、10日のロッテ戦(後楽園)では仁科時成から1年ぶりの本塁打を放つ。これが現役最後の本塁打となった。同年は左の代打の切り札として重宝されたが、1980年からは若手の台頭もあって次第に出番が減少し、優勝した1981年は安打が8月9日阪急戦(西宮)で放った1本に終わる。9月3日近鉄戦(後楽園)が最後の出場となり、同年シーズンオフに戦力外通告を受けて引退。

夫人は平和台野球場で場内アナウンスを担当していた(2010年8月28日の西武-楽天戦「ライオンズ・クラシック2010」最終日に来場し、試合後のセレモニーで太平洋クラブOBを紹介)。

引退後は再び博多に戻ったが、東北放送ラジオTBCダイナミックナイター」に解説者として出演。2005年東北楽天ゴールデンイーグルスが発足して以後の「イーグルスナイター→パワフルベースボール」には出演していない。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1969 ロッテ 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1970 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- 1.000
1971 10 11 10 4 2 0 1 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .200 .273 .400 .673
1972 4 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500
1973 45 23 20 6 4 0 0 1 7 1 2 5 0 0 2 0 1 6 0 .200 .304 .350 .654
1974 4 13 12 2 3 1 1 0 6 2 0 1 0 0 1 0 0 1 0 .250 .308 .500 .808
1975 太平洋
クラウン
西武
69 112 105 14 23 5 1 2 36 7 4 2 3 0 3 0 1 16 0 .219 .248 .343 .591
1976 110 427 382 59 118 13 13 2 163 24 11 12 16 3 23 0 3 50 1 .309 .350 .427 .777
1977 114 424 387 44 88 14 1 6 122 36 15 2 12 2 21 0 2 43 7 .227 .269 .315 .585
1978 100 223 207 19 49 2 2 0 55 12 3 7 7 0 7 2 2 14 2 .237 .269 .266 .534
1979 15 19 19 2 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 1 .105 .105 .105 .210
日本ハム 40 103 101 11 23 5 0 1 31 4 3 1 0 0 2 0 0 10 1 .228 .243 .307 .550
'79計 55 122 120 13 25 5 0 1 33 4 4 1 0 0 2 0 0 12 2 .208 .221 .275 .496
1980 14 13 11 3 1 0 0 0 1 3 0 0 0 2 0 0 0 2 1 .091 .077 .091 .168
1981 18 14 12 3 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 0 0 2 0 .083 .214 .083 .297
通算:13年 546 1387 1269 167 314 40 19 12 428 89 39 31 38 7 64 2 9 150 13 .247 .287 .337 .624
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 太平洋(太平洋クラブライオンズ)は、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更

タイトル編集

表彰編集

記録編集

  • ゲーム最多三塁打 3:1976年6月20日 対日本ハムファイターズ戦(後楽園球場)※日本記録・パ・リーグ記録

背番号編集

  • 31 (1968年 - 1974年)
  • 22 (1975年 - 1978年)
  • 8 (1979年 - 1979年途中)
  • 4 (1979年途中 - 1981年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集

外部リンク編集