メインメニューを開く

吉川 沙織(よしかわ さおり、1976年10月9日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の参議院議員(2期)。NTT労組出身の情報労連組織内候補[1]。選挙時は「吉川さおり」名義を用いる。

吉川 沙織
よしかわ さおり
生年月日 (1976-10-09) 1976年10月9日(42歳)
出生地 徳島県徳島市
出身校 同志社大学
同志社大学大学院総合政策科学研究科
前職 日本電信電話株式会社(NTT)
西日本電信電話株式会社(NTT西日本)
NTT労働組合[1]
現職 参議院議員
所属政党民主党→)
民進党→)
立憲民主党赤松グループ菅グループ
称号 修士政策科学
公式サイト 参議院議員吉川さおり公式サイト

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2007年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

目次

略歴編集

徳島県出身。北島町立北島小学校北島町立北島中学校卒業。1995年3月、徳島県立城ノ内高等学校卒業。1999年3月、同志社大学文学部文化学科教育学専攻卒業。同年4月、日本電信電話株式会社(NTT)入社。大阪支店・法人営業本部・京都支店で勤務[2]

2003年3月、同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了[2]

2006年7月、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)退職。

2007年第21回参議院議員通常選挙比例区から民主党公認で出馬し、306,577票を獲得、党第2位で初当選[3]。選挙区・比例区あわせて最年少当選(当時)。

2011年9月、参議院総務委員会理事。2012年4月、総務委員会筆頭理事[2]

2013年第23回参議院議員通常選挙に比例区から民主党公認で出馬し、党第6位で再選[4]

2013年9月、民主党政調会長代理。次の内閣ネクスト官房副長官、ネクスト総務副大臣[2]

2016年1月、議院運営委員会筆頭理事[2]

2018年5月の民進党と希望の党による新党には参加せず、5月7日に民進党を離党、立憲民主党に入党を申請、翌8日の常任幹事会で入党が承認された[5]

政策編集

人物編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

議会
先代:
大久保勉
  参議院経済産業委員長
2014年 - 2016年
次代:
小見山幸治
名誉職
先代:
谷合正明
最年少参議院議員
2007年7月 - 2010年7月
次代:
中西祐介