メインメニューを開く

吉川経礼

吉川 経礼(きっかわ つねひろ)は、江戸時代後期の周防国岩国領の第10代領主。

 
吉川経礼
時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年11月3日1793年12月5日
死没 天保7年11月26日1837年1月2日
改名 監物(幼名)、経礼
戒名 謙光院慈雲藤蔭
墓所 山口県岩国市横山の洞泉寺
幕府 江戸幕府
主君 毛利斉房斉熙斉元
周防国岩国領
氏族 吉川氏
父母 父:吉川経忠、養父:吉川経賢
兄弟 経賢経礼経章礼成
正室:木下俊懋娘、継室:毛利就馴
養子:経章

生涯編集

寛政5年(1793年)11月3日、第8代領主・吉川経忠の次男として生まれる。文化3年12月26日(1807年2月3日)、兄で第9代領主の経賢が早世すると、翌4年2月14日(1807年3月22日)その末期養子として家督を相続した。文化6年(1809年)6月27日、門前口から尾津沖にかけての開作(干拓)事業を開始する。文化8年(1811年)9月には、麻里布湊(現・岩国港新港地区)の建設を開始し、港会所を設置する。文化9年(1812年)8月20日、綿座を廃止して錦見町に綿用場を設置する。天保7年11月26日(1837年1月2日)死去、享年44。家督は弟で養子となった経章が翌8年(1837年)1月19日に継いだ。

経礼は干拓事業を盛んに行って税収を増やす一方で、綿作など商品作物の発達を背景に麻里布港を建設し、他藩との取引を積極的に行なって財政改革を成功させた。