メインメニューを開く

吉本浩二

吉本 浩二(よしもと こうじ、1973年 - )は、日本漫画家富山県黒部市出身[1]。埼玉在住。日本福祉大学卒業。代表作は『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』『昭和の中坊』。

目次

来歴編集

日本福祉大学在学中から8ミリビデオで映像作品を創ることを趣味していた。卒業後に就職したテレビの制作会社で絵コンテを切っていたところ、上司や同僚に褒められ、会社を辞めて漫画家になろうと決意する[2]2011年、手塚治虫の評伝漫画『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』がヒットとなり、『このマンガがすごい!』2012年版オトコ編1位にも選ばれた。以後、ルポ・ドキュメンタリータッチの作品を中心に複数誌で連載を手掛け、近年は原作も兼ねるようになっている。また、小学館の漫画雑誌連載経験と『さんてつ』執筆から、小学館の「南阿蘇鉄道応援企画」参加者に選ばれた。

作品リスト編集

脚注編集

  1. ^ “終わらない青春 とやまの漫画人”. 北日本新聞 朝刊 (北日本新聞社): p. 13. (2017年1月12日) 
  2. ^ 美浜での、あの4年間があったからこそ、『さんてつ』を描き上げることができた。卒業生の声 - 日本福祉大学

外部リンク編集