吉村昇洋

吉村 昇洋(よしむら しょうよう、1977年3月16日 - )は、日本曹洞宗臨床心理士(専門は認知行動療法)。写真家広島県広島市出身。曹洞宗八屋山普門寺副住職。仏教・精進料理臨床心理学食育の研究・講義・講演、仏教マンガ研究など活動は多岐にわたり、雑誌各誌にて連載、執筆を行う。また、各種イベントにて他領域の専門家との対談(鼎談)も積極的に行っている。


目次

略歴編集

広島城北高等学校卒、駒澤大学大学院にて仏教学修士、広島国際大学大学院にて臨床心理修士をそれぞれ取得。2010年、臨床心理士資格取得。

2002年に曹洞宗大本山永平寺にて修行。2004年の乞暇後、永平寺史料全書編纂室に勤務。

2005年より、日本仏教の超宗派の若手僧侶が集うインターネット寺院「虚空山 彼岸寺」にて精進料理blog「禅僧の台所〜オトナの精進料理」を連載。

2012年、広島の地にて本格的な精進料理教室「広島精進料理塾」を主宰。

2013年、県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 非常勤講師(退職)。

2014年、相愛大学 人文学部 人文学科 非常勤講師。

著書編集

共著編集

  • 『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法』(永岡書店、2013年2月。ISBN 978-4522431719
  • 『いただきます“お寺のごはん" ―仏教と食の関わりから和の暮らしの極意を学ぶ (趣味Do楽テキスト)』(NHK出版、2014年11月。ISBN 978-4141897941

連載編集

  • 『栄養と料理』「禅僧の考えごと 〜お寺の台所から」(女子栄養大学、2012年1月-12月)
  • 『禅の友』「禅僧ごはん」(曹洞宗宗務庁、2012年1月-2016年12月)
  • 『春秋』「マンガで読む仏教」(春秋社、2014年1月-12月)
  • 『中国新聞』「放てば手にみてり」(中国新聞社、2017年6月-現在)
  • 『春秋』「精進料理のこころ」(春秋社、2017年8月-現在)
  • 『幻冬舎PLUS』「禅僧のノケゾル日常」(幻冬舎、2017年9月-現在)

TV出演編集

NHK総合テレビジョン
NHK Eテレ
  • 趣味Do楽「いただきます お寺のごはん 〜心と体が潤うレシピ」(2014年 - 2015年) - 講師
  • きょうの料理(2016年 - 現在) - 講師
テレビ朝日
RCC中国放送
  • イマなまっ!(2017年 - 現在) - 準レギュラーコメンテーター

関連項目編集

外部リンク編集