メインメニューを開く

吉村 明宏(よしむら あきひろ、1957年12月22日 - )は、日本お笑いタレント。所属事務所ホリプロ。夫人は元ミス日本タレント飯村いづみ。2児の父親である。

吉村 明宏
よしむら あきひろ
生年月日 (1957-12-22) 1957年12月22日(61歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 A型
身長 174cm
言語 日本語
方言 共通語
芸風 ものまね
事務所 ホリプロ
活動時期 1975年 -
配偶者 飯村いづみ
テンプレートを表示

来歴・人物編集

神奈川県横浜市鶴見区出身。逗子開成高校卒業。高校生だった1975年TBSの『ぎんざNOW!』素人コメディアン道場で、和田アキ子のモノマネを披露し5週勝ち抜き、チャンピオンになり浜っ子吉村としてデビューを果たす。

しかしその後10年ほど売れず、アイドルのコンサートの司会をして過ごす日々が続く。

その司会で一生懸命会場を盛り上げていた姿が認められ、ホリプロのスカウトを受け芸名を本名に改名し、その後、『アッコにおまかせ!』『歌のトップテン』『ものまね王座決定戦』など人気番組に次々出演し一躍人気タレントとして売れ始める。また、和田アキ子からも気に入られ、和田アキ子の子分としての芸能界の立ち位置を確立する。そして和田の冠番組である『アッコにおまかせ!の準レギュラーに抜擢され生中継リポーターを務めた。

「あの頃は〜、ハッ!」「ハ〜ヒフ〜ヘホ〜!」などのギャグを入れた和田アキ子のモノマネはオハコである。実はもともと「あの頃は〜」でおなじみのヒット曲「古い日記」にはその後に「ハッ!」というフレーズはなかったのだが、吉村のモノマネが人気になり、そのイメージがすっかり定着したため、後に発売されたバージョンでは「あの頃は〜」の後に和田アキ子本人が「ハッ!」と叫んでいる。

和田のモノマネでたくさんの番組からオファーされるなど人気が高くなり、1991年9月30日から自身初の冠帯番組・『吉村明宏のクイズランチ』(TBS系列)がスタートした。帯番組のMC就任が決まったことで和田から「お前も1人前になったな」と褒められた。しかし、売れっ子になったのをいいことにスタッフに対して「この企画何が面白いの?」とダメ出ししたり、台本を渡され「お前がやれ!」とキレて帰ったり、ロケ現場で「撮れ高もう十分だろ」と勝手にロケを切り上げて帰ったり、上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返した。これにより吉村のスタッフに対する悪態は業界内でも知れ渡り、和田から呼び出され「お前、スタッフから嫌われてるで!」と忠告を受けたが吉村は勘違いし、「アッコさん嫉妬ですか?」と思ったという。だが和田の指摘通りにスタッフとの関係が悪化し、冠帯番組も視聴率が低下し1年で終了した。それでもまだ『アッコにおまかせ』の準レギュラーだったため生活に困窮することはなく、1995年12月には宮古島にて芸能人ハーフマラソン大会の番組(1位間寛平、2位織田無道、他に工藤兄弟トミーズなどが参加)で3位を獲得している。1996年11月2日放送の『超熱血27時間ぶちぬき炎のチャレンジ宣言!!』では森脇健児らと共にフルマラソンに挑戦。見事5時間ほどで完走。日頃よりジムに通ったり自宅周辺をジョギングしていることは、 テレビや雑誌(雑誌Tarzanの鍛えている芸能人のコーナーでグラビアに登場したことがある)などで何度も本人が公言している。しかし、業界内の評判の悪さは変わることはなく1998年9月には13年間準レギュラーを務めてきた『アッコにおまかせ!』も降板することになってしまった[1]。最大の後ろ盾だった和田のバックアップを失った影響は大きく仕事が激減しレギュラー番組はついに1本もなくなってしまった。

2000年10月7日放送の『オールスター感謝祭'00秋 超豪華!クイズ決定版 20世紀最後の特大号』を最後にめったなことがない限り、全国ネットの番組に出演しなかったが、2002年1月14日放送の『ライオンのごきげんよう2002 in ハワイ』、2010年7月18日放送の『アッコにおまかせ!』12年ぶりの出演と2014年2月11日放送の『解決!ナイナイアンサー[2]、さらに5年ぶりの出演となる2015年12月20日放送『アッコにおまかせ!』・2016年2月8日放送『しくじり先生』と数える程度、テレビ出演を行っている。

解決!ナイナイアンサー』にゲスト出演時に上記のようにテレビ出演が激減した理由について問われた吉村は「上から目線でスタッフを見てたかもしれない」「イライラしてるときに俺がこの番組を回してるなどと高飛車な態度をとったことが原因ではないか」と語っており、本人がそれを2016年2月8日放送のテレビ朝日「しくじり先生」において前述のスタッフに対しての上から目線の他に挙げた理由として「アッコさんの隣にいた自分まで偉いと勘違いしていた」「売れたのは自分の実力と勘違いしていた」「自分はアッコさんの腰巾着」であったと正式に認めた[2]

三代目三遊亭圓歌芸能人弟子である(落語家としての活動は行っていない)。

出演編集

現在の出演編集

以前の出演編集

テレビドラマ編集

テレビCM編集

ラジオ編集

ラジオCM編集

  • SL AUTO
  • 吉川住建

書籍編集

主なものまねのレパートリー編集

脚注編集

  1. ^ 降板に際して和田から「本当のスタートはここからやで」という言葉をかけられた。
  2. ^ a b 『解決!ナイナイアンサー』で吉村明宏が語った「芸能界から消えた」理由(2014年2月12日)

外部リンク編集