メインメニューを開く

吉村 茂樹(よしむら しげき、1897年明治30年)11月14日 - 1985年昭和60年)4月16日)は、日本史学者。

広島県出身。東京帝国大学卒。1936年東京帝大史料編纂所編纂官、1954年東京大学史料編纂所教授。1958年定年退官、上智大学教授。1967年退職。専門は平安・鎌倉時代の政治・法制、古文書学。

著書編集

  • 『古文書の話』秋津書房 1943
  • 『国司制度崩壊に関する研究』東京大学出版会 1957
  • 『古文書学』東京大学出版会 1957
  • 『院政』至文堂 日本歴史新書 1958
  • 『国司制度』塙選書 1962

参考編集