メインメニューを開く

吉永 泰之(よしなが やすゆき、1954年3月5日 - )は、日本実業家学位は、学士(経済学)成蹊大学1977年)。SUBARU(旧:富士重工業)会長、元社長日本自動車工業会理事。

よしなが やすゆき
吉永 泰之
生誕 (1954-03-05) 1954年3月5日(65歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 成蹊大学経済学部 (1977年)
職業 実業家
肩書き SUBARU 会長
任期 2011年6月 - 2018年6月
前任者 森郁夫
後任者 中村知美

目次

人物・来歴編集

東京都出身。

成蹊高等学校卒業[1]

1977年成蹊大学経済学部卒業後、同年4月に富士重工業(現:SUBARU)入社。

経歴編集

  • 1977年(昭和52年)
    • 3月 - 成蹊大学経済学部を卒業。
    • 4月 - 富士重工業に入社。
  • 1999年(平成11年)10月 - 国内営業本部営業企画部長
  • 2001年(平成13年)6月 - スバル営業本部日本地区本部営業第三部長
  • 2002年(平成14年)6月 - スバル戦略本部スバル企画室長
  • 2003年(平成15年)10月 - 戦略本部副本部長 兼 経営企画部長
  • 2005年(平成17年)4月 - 執行役員 戦略本部副本部長 兼 経営企画部長
  • 2006年(平成18年)6月 - 執行役員 戦略本部長
  • 2007年(平成19年)6月 - 常務執行役員 スバル国内営業本部長
  • 2009年(平成21年)6月 - 取締役 兼 専務執行役員 スバル国内営業本部長
  • 2011年(平成23年)6月 - 代表取締役社長 兼 COO[2][3]
  • 2012年(平成24年)6月 - 代表取締役社長 兼 CEO
  • 2018年(平成30年)6月22日 - SUBARU 取締役会長に就任[4][5]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
先代:
森郁夫
SUBARU(旧富士重工業)社長
第11代:2011年 - 2018年
次代:
中村知美