吉沢 秀雄(よしざわ ひでお)は、日本のゲームクリエイター東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授[1]明治学院大学社会学部社会学科卒業[2]

経歴編集

1984年テクモ入社[2]。『忍者龍剣伝』などのディレクターを務めたのち、1992年ナムコに入社。『風のクロノア door to phantomile』などのディレクターを経て、ミスタードリラーシリーズやニンテンドーDS向けゲームソフトのプロデューサーを務める。2007年4月1日よりコンテンツ制作本部第3制作ユニットゼネラルマネージャー(部長職)。2010年には総合プロデューサーとして「ナムコジェネレーションズ」を立ち上げる。

2016年4月、バンダイナムコスタジオを退職、フリーランスに転向。2020年4月より東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授に着任[1]

製作に関わった作品編集

著書編集

脚注編集

外部リンク編集