メインメニューを開く

吉田 伸(よしだ しん、1966年6月21日[1] - )は、茨城県出身の脚本家。主にアニメ特撮分野で活躍している。

来歴編集

金城哲夫を描いた映画『M78星雲の島唄‐金城37才・その時‐』の企画を手伝った事で上原正三と知り合う。上原の紹介で岡本吉起率いるゲームクリエイト会社・フラグシップ(現在は解散)に参加する[2]

フラグシップでは杉村升曽田博久宮下隼一といったヒーロー番組の大ベテランのしごきを受ける。特に徒弟制度の残っていた世代だった杉村や曽田には、「上っつらだけで人間を描くな!」と台本をよく床に叩き付けられていたといい、本人は正に根性モノの世界を体験したと語っている[2]

テレビ東京版「遊☆戯☆王」シリーズで長らく活躍しており、原作者の高橋和希は「オレよりも現在の遊戯王を支えている」と発言している[3]

作品編集

テレビアニメ編集

特撮編集

映画編集

OVA編集

Webアニメ編集

漫画原作編集

ゲームシナリオ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.tsutaya.co.jp/artist/00519014.html
  2. ^ a b 『地球はウルトラマンの星』(2000年、ソニーマガジンズ)
  3. ^ ジャンプ・コミックス『遊☆戯☆王ZEXAL』3巻 作者コメントより。