吉田 傑俊(よしだ まさとし、1940年7月29日 - )は、日本の哲学者法政大学名誉教授。専攻は哲学、思想史。元唯物論研究協会委員長。

大阪市生まれ。1965年京都大学文学部哲学科卒業。67年同大学院修士課程修了、神戸大学文学部助手、鹿児島大学教育学部講師、助教授、教授、法政大学社会学部教授[1]、1996年唯物論研究協会委員長[2]。2011年名誉教授。

著書編集

  • 『唯物論と日本イデオロギー』汐文社 現代唯物論叢書 1980
  • 『戦後思想論』青木書店 1984
  • 『現代思想論 プレモダン・モダン・ポストモダン批判』白石書店 1989
  • 『現代民主主義の思想』青木書店 1990
  • 『知識人の近代日本』大月書店 科学全書 1993
  • マルクス思想の現代的可能性 民主主義・市民社会・社会主義』大月書店 1997
  • 『国家と市民社会の哲学』青木書店 シリーズ現代批判の哲学 2000
  • 『市民社会論 その理論と歴史』大月書店 2005
  • 『近代日本思想論 1 福沢諭吉中江兆民 〈近代化〉と〈民主化〉の思想』大月書店 2008
  • 『近代日本思想論 2「京都学派」の哲学 西田三木・戸坂を中心に』大月書店 2011
  • 『近代日本思想論 3 丸山眞男と戦後思想』大月書店 2013
  • 『象徴天皇制考 その現在・成立・将来』本の泉社、2018

共編著編集

翻訳編集

  • デヴィド・マクレラン, ショーン・セイヤーズ編著『社会主義と民主主義』文理閣 1996
  • ジョン・エーレンベルク『市民社会論 歴史的・批判的考察』監訳 青木書店 2001

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ [1]唯物論研究協会