メインメニューを開く

吉田 光男(よしだ みつお、1946年 - )は、朝鮮史学者、東京大学名誉教授、放送大学名誉教授(元副学長)。

経歴編集

愛知県生まれ。1976年東京大学文学部東洋史学科卒、82年同大学院人文科学研究科博士課程単位修得退学、東京外国語大学助手、85年講師、87年助教授、93年東京大学文学部助教授、94年教授、2010年定年退任、名誉教授、放送大学教養学部教授。2011年「近世ソウル都市社会研究―漢城の街と住民」で博士(文学)(東京大学)を取得。2013年副学長。2014年同大学附属図書館長。2015年副学長退任。2017年3月放送大学定年退職、同年放送大学名誉教授。

著書編集

  • 『近世ソウル都市社会研究 漢城の街と住民』草風館 2009 

共編著編集

  • 『朝鮮の歴史と社会』放送大学教育振興会 2000
  • 『地域文化研究 2 東アジア世界の歴史と文化』浜口允子,川勝守共著 放送大学教育振興会 2002
  • 『韓国朝鮮の歴史と社会』 放送大学教育振興会 2004
  • 『日韓中の交流 ひと・モノ・文化』 山川出版社(アジア理解講座) 2004
  • 『北東アジアの歴史と朝鮮半島』 放送大学教育振興会 2009
  • 『東アジアの歴史と社会』 放送大学教育振興会 2010
  • 『歴史と人間 新訂』杉森哲也共編著 放送大学教育振興会 2014
  • 『韓国朝鮮を知る事典 新版』伊藤亜人,大村益夫,高崎宗司,武田幸男,梶村秀樹共監修 平凡社 2014
  • 『韓国朝鮮の歴史』編著 放送大学教育振興会 2015

翻訳編集

  • 金東哲『朝鮮近世の御用商人 貢人の研究』韓国の学術と文化・法政大学出版局 2001
  • 韓永愚『韓国社会の歴史』明石書店 2003
  • 朴漢済・金秉駿・李瑾明・李俊甲・金衡鍾『中国歴史地図』平凡社 2009
  • 柳本芸『漢京識略 近世末ソウルの街案内』平凡社東洋文庫 2017

参考編集