吉田学校(よしだがっこう)は、吉田茂が自らの政治基盤を支え、後進を育てるために集められた国会議員のグループを指す。吉田と同じ官僚出身が多数を占め、吉田学校出身者の多くは吉田の引退後も戦後日本を牽引した。のちに首相となった池田勇人佐藤栄作らが代表例である。

概要編集

鳩山一郎公職追放を受け、外交官から突然自由党総裁に就任することとなった吉田には戦後改革を遂行するうえで、自分の手足となる忠実な部下が少なかった。さらに、吉田は党人派の議員たちが戦前軍部に屈したことや党人派の行政手腕や政策立案能力などに対し、強い不信感を抱き、戦後の混乱を収拾できる行政能力を高める必要性を感じていた。

こういった理由から、吉田は1949年第24回衆議院議員総選挙公職追放された旧勢力の公認候補の代わりとして、各省庁から自らの後輩にあたる有能な官僚を送り込み、結果総選挙に圧勝した。吉田はこれら吉田学校生らを強いリーダーシップで率い、戦後日本の政治体制の基礎を固めた。

吉田学校について吉田自身は「授業料を取っていないから、(生徒は)何人かわからない」「和田博雄は最上級生だが、社会党に行ったから中途退学生だ」と語っている[1]

保守合同自由民主党が誕生すると、1956年に吉田の側近たちが集まり「丙申会」(旧吉田派)を名乗り始める[2]。当初、吉田や佐藤栄作が自由民主党に参加しなかったことから、旧吉田派は池田勇人の預かりとなった[3]。1956年12月の自民党総裁選をきっかけに旧吉田派は池田勇人派と佐藤栄作派に事実上分裂する。1957年2月に佐藤が自民党に入党すると佐藤派は「周山会」を発足させ[4]、池田派は同年6月に「宏池会」を旗揚げした[3]

主な吉田学校生徒編集

第24回衆議院議員総選挙で初当選編集

官僚編集

法曹界編集

財界編集

学界編集

マスコミ界編集

第24回衆議院議員総選挙よりも前に初当選編集

初当選後に民主党から移籍編集

第25回衆議院議員総選挙で初当選編集

第2回参議院議員通常選挙で初当選編集

参考文献編集

関連作品編集

脚注編集

関連項目編集