メインメニューを開く

吉田 宏晢(よしだ こうせき/ひろあき、1934年2月25日[1] - )は、日本の仏教学者で、真言宗僧侶大正大学名誉教授、川崎大師教学研究所相談役。真言宗智山派菩提院結衆、集議埼玉県本庄市栗崎の宥勝寺住職。

来歴・人物編集

埼玉県生まれ。1953年埼玉県立熊谷高等学校卒業、1961年東京大学文学部哲学科卒業、1971年同大学人部科学研究科印度哲学科博士課程満期退学、1973年大正大学仏教学部専任講師、80年助教授、1983年教授、1991年「空海思想形成過程の研究」で早稲田大学文学博士。97年大正大学大学院研究科長、2005年大正大学を定年退任、名誉教授。2009年同大学常任理事。

1997年密教学芸賞受賞、1999年比較思想学会会長、2003年日本密教学会理事長、2004年真言宗智山派伝法院長、2005年地球システム倫理学会副会長、2007年密教教化賞受賞。

著作リスト編集

  • 『空海思想の形成』(春秋社、1993年)
共著編

編集

  • 『国訳秘密儀軌 第24巻 国訳仏説陀羅尼集経巻第1-第6』(遠藤祐純,福田亮成共訳) 国書刊行会 1974
  • 『弘法大師空海全集 第3巻 思想篇 3 大日経開題(法界浄心) 』訳注 ほか27編 筑摩書房 1984
  • 『続・真言宗1分3分5分法話事例別集成』頼富本宏共監修 四季社 2005
  • 『傍訳弘法大師空海 大日経開題』宮坂宥勝監修 編著 四季社 2009
  • 『傍訳 弘法大師空海 梵網経開題』宮坂宥勝監修 金岡秀友,遠藤祐純共編著 四季社 2010
  • 『傍訳弘法大師空海 釈論指事』監修 宮坂宥勝(四季社、2010年)

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク編集