メインメニューを開く

吉田慎一(よしだ しんいち、1950年1月9日 - )は、株式会社テレビ朝日ホールディングス代表取締役社長[1]テレビ朝日取締役。社会福祉法人テレビ朝日福祉文化事業団理事長。朝日新聞社元上席執行役員、元政治部。公益財団法人ベルマーク教育助成財団前専務理事[2]群馬県出身[3]

吉田慎一
(よしだ しんいち)
生誕 (1950-01-09) 1950年1月9日(69歳)
日本の旗 日本群馬県
国籍 日本の旗 日本
教育 東京大学法学部
ハーバード大学ケネディ行政大学院
職業 テレビ朝日ホールディングス社長
政治部記者
活動期間 1974 – 現在
肩書き テレビ朝日取締役
朝日新聞社上席執行役員、前テレビ朝日社長
配偶者

来歴編集

群馬県出身。1974年東京大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。福島支局に配属、県政担当記者となる。木村守江福島県知事の土地開発に絡む収賄汚職事件を取材。その結果、1978年度の日本新聞協会日本新聞協会賞を受賞[4]。その後、東京本社浦和支局へ異動。1979年政治部に異動。

1990年ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(行政学修士)。1991年ワシントン特派員1995年、帰国後、政治部次長へ昇進。1995年度の日本新聞協会賞を受賞(政治部代表)。 1996年編集委員(政治担当)。2000年 くらし編集長、企画報道室長。2003年 、東京本社編集局長。2005年6月付、常務取締役(編集担当)。長野総局で起きた、朝日新聞の新党日本に関する捏造事件の責任を取り役員報酬減俸処分となった[5]。2009年4月付で上席役員待遇(編集・国際担当)、2013年6月付けで、上席執行役員(コンテンツ統括・編集・国際担当)[6]。2011年5月から日本記者クラブの理事長を2014年5月まで担当。

2014年3月にテレビ朝日顧問に就任。同年4月30日付人事でテレビ朝日代表取締役社長を発表、6月27日付就任。(ホールディングスと共に)

2016年6月29日付でテレビ朝日社長の職を2年で角南源五に譲った。朝日新聞の吉田調書問題従軍慰安婦問題の余波もあるとみられているが、ホールディングス社長には引き続き在任しており、テレビ朝日取締役には留まっている。

著書編集

  • ドキュメント 自治体汚職-福島・木村王国の崩壊 (朝日選書) - 1984年11月

関連項目編集

脚注編集