吉田 拓矢(よしだ たくや、1995年5月7日 - )は、競輪選手日本競輪選手会茨城支部所属、ホームバンクは取手競輪場日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第107期生。師匠は高校の先輩である十文字貴信(75期)。父の吉田哲也(51期)、叔父の吉田伸二(54期)はともに元競輪選手であるほか、5人兄妹の次男であり、弟の吉田昌司(111期)と吉田有希(119期)もともに競輪選手である。

吉田 拓矢
YOSHIDA Takuya
個人情報
生年月日 (1995-05-07) 1995年5月7日(28歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171.5㎝
体重 73.3㎏
チーム情報
所属 日本競輪選手会茨城支部
期別 107期
分野 競輪 & ポイントレース
役割 選手
特徴 逃げ・捲り
アマ所属チーム
2011-2013
茨城県立取手第一高等学校
プロ所属チーム
2015 -
日本競輪選手会茨城支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
GI 競輪祭 2021
最終更新日
2023年8月24日

来歴 編集

茨城県立取手第一高等学校時代の2013年全国高等学校選抜自転車競技大会のポイントレースで優勝[1][2]

2014年、競輪学校に入校。9月5日、第107回生徒第1回記録会で、男子生徒では11人目となるゴールデンキャップを獲得[3]

2015年、同校卒業。在校競走成績は第6位(21勝)[4]7月1日弥彦競輪場でデビュー初勝利を挙げ、以後13連勝を果たした[5]10月28日、107期生選手として最初のS級特別昇級を果たした[6]

2016年6月16日第67回高松宮記念杯競輪名古屋競輪場)にてGI初出場(107期では一番乗り[7]、デビューから11か月15日は平成では深谷知広に次ぐ早さであった[8])。準決勝6着敗退。

2017年6月18日第68回高松宮記念杯競輪岸和田競輪場)にてGI初の決勝進出(107期では新山に次ぐ2人目)[9][10]

2020年12月20日佐世保競輪開設記念でGⅢ初優勝。

2021年11月23日第63回朝日新聞社杯競輪祭小倉競輪場)にてGI初優勝[11]

主な獲得タイトルと記録 編集

脚注 編集

外部リンク 編集