メインメニューを開く

経歴編集

大阪府生まれ。慶應義塾大学卒業。

1985年、CBSソニー(のち:ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。販売促進・宣伝部門、福岡営業所などに勤務。

1997年、社内プロジェクト「Tプロジェクト」を立ち上げる。2000年、新レーベル「DefSTAR Records」として正式発足させる。2001年、ソニー・ミュージックエンタテインメントからデフスターレコーズとして分社化され初代代表取締役社長に就任。平井堅CHEMISTRYなどをヒットに導いた。

2003年7月31日をもってデフスターを退社。後任の代表取締役社長は藤原俊輔

同年8月1日、ソニー・ミュージックグループでの実績の高評価を受け、ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役社長に就任。2008年8月から代表取締役社長兼CEO。コブクロ絢香Superfly河口恭吾らをブレイクさせ、邦楽部門の再建に貢献した。the brilliant greenは長らくデフスター所属であったが、2010年にワーナーへ移籍していた。

自殺編集

うつ病に罹患し通院しており、2010年夏頃から急激に体調が悪化、時折2 - 3日欠勤することがあったが、罹病の事実は秘匿していた。同年10月5日は出勤するも、「フィジカル、メンタルを含めて検査したい」として、6日から1 - 2週間休暇すると言い残す。しかし7日午後2時40分過ぎ、東京都練馬区の自宅1階に首吊り状態でいるのを買い物から帰宅した妻が発見。午後3時45分、搬送先の病院で死亡が確認され、警視庁は自殺と断定した。48歳没。

8日午後、ワーナー社内で緊急に報告された。

30・31日に日本武道館でのワーナーミュージック・ジャパン創立40周年記念ライブ・イベント「100年MUSIC FESTIVAL」の開催を控えていた。同公演は予定通り敢行された。

11月18日、東京都にて「お別れの会」が挙行された。

参考文献編集