メインメニューを開く

吉田敬 (音楽プロデューサー)

人物編集

数多くの人気歌手を育て上げ、若くしてトップに上り詰めた「伝説のA&Rマン」で、時代やニーズを見て戦略を考えた上でアーティストを作り上げる手法を成功させ、それをその後の主流にした人物[3][4]。対象歌手の所属プロダクションとの強いコネクションを生かして同じプロダクションの芸能チームが仕切るドラマなどとのメディアミックス型のプロモーションを行うことでヒットを生み出し、「タイアップ戦略の達人」と呼ばれた[4][5]。常に現場に顔を出して何が世の中の話題になるかを考える「根っからのプロモーター」、ヒットのためにはなりふり構わない「最後の勝負師」として高く評価されていた[6]

ソニー・ミュージック時代はTUBEを手掛けた後、社内にTプロジェクトを立ち上げてthe brilliant green平井堅をトップアーティストに育て上げた[1][3]。独立レーベルのデフスターレコーズの設立に尽力し、その代表取締役社長としてCHEMISTRYをブレイクさせた[3][7]

ソニーでの実績を買われてワーナーミュージックの社長に就任すると、当時ニューカマーが少なかった同社の邦楽部門でコブクロ絢香Superflyなどの若手を不動のトップアーティストに育て上げ、その業績を飛躍的に伸長させて立て直すことに成功した[2][3][5][8]。それ以外にも河口恭吾女優新垣結衣などをヒットに導き、デビュー10周年を迎えたBONNIE PINKの再ブレイクを成功させた[7][9]。長らくデフスター所属であったthe brilliant greenは2010年にワーナーへ移籍した。

生前、当時はまだ好調だったCDなどのパッケージの売り上げが欧米同様、日本でも落ち込んでいくことを見越して、商品ではなくアーティスト自身を売る「360°ビジネス」を展開していくことを考えていた[2]。360°のうち音楽は120°とすると、あとの240°はそれまでレコード会社ではなかなか踏み込めなかったプロダクションの領域なので、360°全てのアーティストの権利やビジネスに踏み込むには、新人アーティストを僕らの手で発掘し、マネージメントをして行くことが必要だと考えていた[2]。その準備として当時ウルフルズやBONNIE PINK、Superflyが所属していたプロダクションのタイスケの株を70%取得し、彼らはワーナーグループのアーティストであるという認識でビジネスを行っていた[2]

自殺編集

うつ病に罹患し通院しており、2010年夏頃から急激に体調が悪化、時折2 - 3日欠勤することがあったが、罹病の事実は秘匿していた。同年10月5日は出勤するも、「フィジカル、メンタルを含めて検査したい」として、6日から1 - 2週間休暇すると言い残す。しかし7日午後2時40分過ぎ、東京都練馬区の自宅1階に首吊り状態でいるのを買い物から帰宅した妻が発見。午後3時45分、搬送先の病院で死亡が確認され、警視庁は自殺と断定した。48歳没。8日午後、ワーナー社内で緊急に報告された。30・31日に日本武道館でのワーナーミュージック・ジャパン創立40周年記念ライブ・イベント「100年MUSIC FESTIVAL」の開催を控えていた。同公演は予定通り敢行された。11月18日、東京都にて「お別れの会」が挙行された。

手掛けた主なアーティスト編集

経歴編集

1985年
  • 3月、慶應義塾大学卒業。
  • CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。同社販売促進部門、宣伝部門に配属。その後、福岡営業所に勤務。
1997年
  • ソニーの社内プロジェクト「Tプロジェクト」を立ち上げる。
2000年
2001年
  • SME社より分社化される形で設立された「株式会社デフスターレコーズ」の代表取締役に就任。
2003年
2008年
  • 10月1日、ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役社長兼CEOに就任。
2010年
  • 10月7日午後、自宅で首をつった状態でいるのを発見された。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 後任の代表取締役社長は藤原俊輔

出典編集

  1. ^ a b c 吉田 敬氏 スペシャル・インタビュー ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役社長”. Musicman-NET (2003年8月27日). 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f (株)ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役社長 兼 CEO 吉田 敬氏インタビュー”. Musicman-NET (2008年9月25日). 2019年7月22日閲覧。
  3. ^ a b c d コブクロら育てたワーナー社長首つり自殺”. 日刊スポーツ (2010年10月9日). 2019年7月22日閲覧。
  4. ^ a b 「伝説のA&Rマン」ワーナー吉田社長の死が業界に与えた衝撃”. 日刊サイゾー. エキサイト (2010年10月17日). 2019年7月22日閲覧。
  5. ^ a b 自分自身の感動をバロメーターに常にミリオンヒットを狙う ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役社長 吉田 敬氏”. 広告朝日. 朝日新聞社 (2008年5月1日). 2019年7月22日閲覧。
  6. ^ ワーナーミュージック社長が自殺 コブクロ、平井堅ら育てたカリスマ”. スポーツ報知. Yahoo!ニュース (2010年10月9日). 2010年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月22日閲覧。
  7. ^ a b 真相は闇の中!? ワーナーミュージック・ジャパン吉田敬氏の自殺に思う…。”. 文化通信. 文化通信社 (2010年10月13日). 2019年7月22日閲覧。
  8. ^ 臼井孝のヒット曲探検隊〜アーティスト別 ベストヒット20 Vol.2 コブクロ”. OKMusic. OKWAVE (2017年12月28日). 2019年7月22日閲覧。
  9. ^ 第110回 鈴木 竜馬 氏 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン 第1制作本部本部長 / unBORDE レーベルヘッド”. Musicman-NET (2013年1月26日). 2019年7月22日閲覧。
先代:
ラクラン・ラザフォード
ワーナーミュージック・ジャパンCEO
2008年 - 2010年
次代:
ラクラン・ラザフォード