メインメニューを開く

吉田 瑛二(よしだ てるじ、1901年2月5日1972年9月30日)は、大正から昭和にかけての浮世絵研究者、歌舞伎研究者。

略歴編集

1901年2月5日に現在の東京都目黒区に生まれた。1907年に相生尋常小学校に入学、1914年に東京府立第三中学校(現・東京都立両国高等学校・附属中学校)に入学、1919年早稲田大学露文科に入学したが、後に中退した。1924年に東京歌舞伎座に入社して、雑誌『歌舞伎』、『歌舞伎研究』の編集を担当した。その後、1927年に歌舞伎座を退社してから浮世絵の研究に専念しつつ、1938年から1942年にかけて高見沢木版社に勤める。また、同年、北光書房にも勤務。1946年には高見沢木版社に再勤、2社を兼務した。しかし1947年に高見沢木版社を退社、1950年に北光書房を退社。同年、歌舞伎座出版部主任として再勤し1968年2月まで勤めた。また『歌舞伎年表』の校訂者として知られる。1930年から1931年に『浮世絵大成』全12巻を、1965年から1971年に『浮世絵事典』全3巻を著し、出版している。1972年9月30日に自宅で高血圧により死去。享年71。

参考文献編集

  • 上田正昭他編 『日本人名大辞典』 講談社、2001年