メインメニューを開く

吉田 正光(よしだ まさみつ、1904年明治37年)5月30日[1] - 2016年平成28年)10月29日[2])は、日本東京都大田区長寿の男性。小出保太郎の死後、日本男性最高齢であった。また、イスラエル・クリスタル1903年9月15日生)に次ぐ世界で2番目に長寿の男性であった。

よしだ まさみつ
吉田 正光
生誕 (1904-05-30) 1904年5月30日
日本の旗 日本
死没 (2016-10-29) 2016年10月29日(112歳没)
日本の旗 日本東京都大田区
死因 老衰
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 日本男性最高齢(2016年1月19日 - 2016年10月29日)

人物・長寿記録編集

2016年1月19日、世界男性最高齢の人物であった小出保太郎が死去したため、吉田が存命する日本男性最高齢の人物及び世界の男性で2番目の長寿の人物となった[3]。同年2月の時点で、トイレも介助無しで行くことが出来る在宅生活を送っていると報告されていた[4]

同年10月29日に老衰のため112歳と152日で死去し、日本男性最高齢者は北海道足寄郡足寄町在住の野中正造(1905年7月25日生)となった(厚生労働省発表)ことが同年12月15日に報じられた[2]

脚注編集

関連項目編集

記録
先代:
小出保太郎
  存命男性のうち日本最高齢
2016年1月19日 - 2016年10月29日
次代:
野中正造