吉田 民人(よしだ たみと、1931年8月20日 - 2009年10月27日)は日本の社会学者。専門は理論社会学日本学士院会員。第18期日本学術会議副会長。元日本社会学会会長。東京大学名誉教授。

吉田 民人
よしだ たみと
人物情報
生誕 (1931-08-20) 1931年8月20日
死没 (2009-10-27) 2009年10月27日(78歳没)
出身校 京都大学文学部
学問
研究分野 理論社会学
称号 東京大学名誉教授紫綬褒章
影響を
与えた人物
上野千鶴子木村洋二宮台真司
テンプレートを表示

人物編集

京都大学文学部社会学専攻卒業。同大学大学院博士課程中退。愛知県出身。

機能主義社会学を理論的に追求した。「情報」を社会科学的な研究対象とした先駆者の一人としても知られる。

上野千鶴子木村洋二宮台真司などに恩師と仰がれている。

学歴編集

  • 1955年 京都大学文学部哲学科社会学専攻卒業
  • 1957年 京都大学大学院文学研究科修士課程社会学専攻修了

職歴編集

受賞等編集

著書編集

単著編集

  • 『情報と自己組織性の理論』(東京大学出版会, 1990年)
  • 『自己組織性の情報科学――エヴォルーショニストのウィーナー的自然観』(新曜社, 1990年)
  • 『主体性と所有構造の理論』(東京大学出版会, 1991年)

共著編集

編著編集

  • 『社会学』(日本評論社, 1978年)
  • 『社会学の理論でとく現代のしくみ』(新曜社, 1991年)

共編著編集