吉田美和

日本のシンガーソングライター (1965- )

吉田 美和(よしだ みわ、1965年5月6日 - )は、日本シンガーソングライター作詞家作曲家。音楽グループDREAMS COME TRUE(ドリカム)のボーカルで、同グループの楽曲の全ての作詞と数多くの作曲を手がけている。北海道中川郡池田町出身[1]血液型A型。一人称は「わたし」,「おいら」もしくは「あっし」。

吉田 美和
出生名 吉田 美和
別名 MIWA
観音崎すみれ
岡リーナ
天才
生誕 (1965-05-06) 1965年5月6日(57歳)
出身地 日本の旗 日本北海道中川郡池田町
学歴 北海道帯広柏葉高等学校
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 DREAMS COME TRUE
1988年 - 現在)
吉田美和(ソロ)
1995年2003年
FUNK THE PEANUTS
1995年 - 1999年2014年2017年 - 2019年
レーベル DREAMS COME TRUE
エピック・ソニー・レコード
1988年 - 1997年
東芝EMI・Virgin/D.C.T.
1997年 - 2002年
DCT records
2002年 - )
ユニバーサルJ
2003年 - 2006年
NAYUTAWAVE RECORDS
2007年 - )
吉田美和(ソロ)
エピック・ソニー・レコード
1995年
DCT records
2003年
FUNK THE PEANUTS
エピック・ソニー・レコード
1995年 - 1997年
東芝EMI・Virgin/D.C.T.(
1999年)
共同作業者 DREAMS COME TRUE
公式サイト DREAMS COME TRUE

経歴編集

  • 池田町立池田小学校[2]、同池田中学校卒業。中学時代に学校祭でバンドを結成し、自作の曲を発表。北海道帯広柏葉高等学校在学中、西川隆宏と出会う。
  • 中村正人と初めて会った時、彼に「うれしはずかし朝帰り」「週に一度の恋人」を地下鉄の中で歌って聴かせた。その時、中村正人からボーカルとしての高い才能を評価され、バンド結成を持ちかけられた。その後、小泉今日子中山美穂のバックボーカルや、中村正人と共にとんねるずなどのバックバンドに参加しながら、1988年1月にドリカムの前身と言える「CHA-CHA & AUDREY's PROJECT」(チャチャ・アンド・オードリーズ・プロジェクト)を結成、ライブ活動を行う。
  • 1995年(平成7年)
  • 1996年(平成8年)
    • FUNK THE PEANUTS、2ndシングル『太陽にくちづけを!~あたしたち真夏のFUN・P~ / ドライヴ ドライヴ ウレシイナ!』リリース。「太陽にくちづけを!」はFUNK THE PEANUTSが出演したサントリースーパーホップスCMソング、「ドライヴ ドライヴ ウレシイナ!」はトヨタイプサムCMソングに起用
    • 10月14日:米国誌「TIME」の表紙を飾る。
    • 11月4日:ソロライヴVHS/VIDEO『miwa yoshida concert tour beauty and* harmony』発売。
  • 1997年(平成9年)
  • 1999年(平成11年)
    • 11月26日:FUNK THE PEANUTS、4thシングル『you go girl!』リリース。
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)
    • 9月1日:ロッテ「Ghana」CMに出演。
    • 12月:映画『アマレット』を自主制作し、中村正人とともに初の原案・主演を果たす。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 8月:有楽町西武のシンボルキャラクターに起用[3]
  • 2008年(平成20年)
    • 1月:10年振りに改訂された広辞苑 第六版の広告媒体に著名人8人の1人として起用される。キャンペーン統一テーマは「ことばには、意味がある。」で、吉田を象徴する言葉として「愛」とともに登場した[4]
    • 10月13日:吉田の出身地である北海道池田町から、同町初の町民特別栄誉賞を受賞。
    • 11月2日:明治乳業 「明治北海道十勝チーズ」CM出演。
  • 2009年(平成21年)
  • 2012年(平成24年)
  • 2017年(平成29年)
    • 7月10日:「ENEOS Tokyo 2020」TV CM出演。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 2月1日:「ENEOSエネルギーソングライブ編」CM出演。
    • 7月7日:FUNK THE PEANUTS、5thシングル『SPOIL!』リリース。
  • 2020年(令和2年)
    • 7月7日:ライヴDVD『DREAMS COME TRUE DCT-TV special WINTER FANTASIA 2009 DCTgarden “THE LIVE!!!” x miwa yoshida “とつぜんのちっちゃい” tour of beauty & harmony 2』発売。
  • 2021年(令和3年)
    • 5月17日:伊藤園「お~いお茶」WEB CM出演。
  • 2022年(令和4年)
    • 1月17日:北海道池田町がワイン醸造用ブドウとして開発し、吉田美和が命名した 「未来(ミライ)」「銀河(ギンガ)」の2品種が、農林水産省に登録。[6]

人物編集

・作曲家としても数多くの曲を作っているが、楽譜が読めないことを公言している。そのため、作曲の際には吉田が書いた独特のメモを元に中村が採譜している。楽器の演奏も不得手だがオカリナは得意としており、『琥珀の月』(『DELICIOUS』に収録)では吉田のオカリナ演奏が収録されているほか、ライブにおいてはしばしば、ピアノティンパニーパーカッションなどの演奏も披露されている。

FUNK THE PEANUTSアンドレ中村とオホーツクボーイズといったドリカムの変名ユニットでの活動時や、他のアーティストへ歌詞を提供する際には「観音崎すみれ」のペンネームを使用することがある(「アマレット」における彼女の役名でもある)。また、アンドレ中村とオホーツクボーイズでは「岡リーナ」の変名を使用していた(前述の通りオカリナが得意であることにちなんだもの)。

・「降らせ物」(上から大量に物が降ってくるもの)が苦手で、大量に物が降ってくるとすぐに泣いてしまう。『うれしたのし大好き』(フジテレビ系)に出演していた当時はその性質を番組ディレクター清水淳司に見抜かれ、番組では吉田を泣かせるために要所で風船などを降らせる演出が使われていた[7]

ディスコグラフィ編集

「DREAMS COME TRUE」公式サイトを参照[8]

シングル編集

  1. 2003年5月6日:涙の万華鏡 -m.yo mix-
    • 涙の万華鏡 -m.yo mix-/あなたのかわいい人 -radio mix-(J-WAVE「LIVING IN TOKYO〜夢と冒険の世界へ〜」キャンペーンソング)

アルバム編集

  1. 1995年12月18日:beauty and harmony
    • beauty and harmony/つめたくしないで/泣きたい/バイバイ/パレードは行ってしまった/A HAPPY GIRLIE LIFE/DARLIN'/冷えたくちびる/奪取/生涯の恋人/beauty and harmony〜reprise
  2. 2003年5月6日:beauty and harmony 2
    • theme of beauty and harmony 2/涙の万華鏡/どうしてこんなに/お願いします/夢の続き/あなたのかわいい人/the lessons/おとなじゃん!/告白/theme of beauty and harmony 2 for strings

映像編集

  1. 1996年(VHS)11月4日:miwa yoshida concert tour beauty and* harmony
  2. 2003年(DVD)11月19日:miwa yoshida concert tour beauty and* harmony
  3. 2020年7月7日:DREAMS COME TRUE DCT-TV special WINTER FANTASIA 2009 DCTgarden “THE LIVE!!!” x miwa yoshida “とつぜんのちっちゃい” tour of beauty & harmony 2

ミュージックビデオ編集

  1. つめたくしないで
  2. 泣きたい
  3. パレードは行ってしまった
  4. 涙の万華鏡

参加作品編集

  • ドリカム(及びFUNK THE PEANUTS・アンドレ中村とオホーツクボーイズ)、ソロ活動以外にも、ボーカリストとしていくつかの作品に参加している。
  1. 3 VIEWS(3 VIEWS、2000年)- ドラマー村上"ポンタ"秀一を中心としたユニットのアルバム。メドレーでボーカルを担当。
  2. Wishing A Special Christmas To YouFull Of Harmony、2000年)

出演編集

ラジオ番組編集

CM編集

プロデュース編集

  • what mee mee wants - 吉田美和が”自分がほしいもの”をテーマにプロデュースするブランド[11]
    • オリジナル香水[12]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “ドリカム、北海道地震に「言葉が見つからない」…吉田美和が池田町出身”. スポーツ報知. (2018年9月6日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180906-OHT1T50196.html 2018年9月7日閲覧。 
  2. ^ 吉田美和が母校へ、今晩「NEWS ZERO」にドリカム登場”. 音楽ナタリー (2015年10月14日). 2015年10月18日閲覧。
  3. ^ 有楽町に美の殿堂オープン!”. ORICON NEWS. 2022年10月7日閲覧。
  4. ^ 広辞苑 第六版プレスリリース (PDF) - 岩波書店(2008年1月)
  5. ^ ご報告です。 - ドリブログ・2012年3月21日
  6. ^ 吉田美和が命名したワイン用ブドウ「未来」「銀河」が新品種として登録 - DREAMS COME TRUE”. DREAMS COME TRUE - DREAMS COME TRUE OFFICIAL WEBSITE (2022年2月1日). 2022年10月7日閲覧。
  7. ^ 吉田美和は風船に弱い! - 美術Pは見た!・2007年6月27日
  8. ^ miwayoshida - DREAMS COME TRUE”. DREAMS COME TRUE - DREAMS COME TRUE OFFICIAL WEBSITE. 2022年10月7日閲覧。
  9. ^ 19年ぶり、ドリカム吉田美和が化粧品のCM出演/ファンケル「新・無添加スキンケア 誕生」編アドタイ2012年3月28日
  10. ^ (日本語) TV-CM お~いお茶「ドリカム 茶畑オンラインフェスなどが当たる!」|伊藤園, https://www.youtube.com/watch?v=IzQhdl3SRcE 2022年10月7日閲覧。 
  11. ^ what mee mee wants”. DCTentertainment. 2017年10月13日閲覧。
  12. ^ ドリカム吉田美和、初のオリジナル香水をプロデュース。吉田が“世界でいちばん好きな香り”とは!?”. M-ON! MUSIC (2017年3月21日). 2017年10月13日閲覧。

外部リンク編集

DREAMS COME TRUE - 公式サイト

what mee mee wants