メインメニューを開く

吉田 英人(よしだ ひでと)は、日本工学者広島大学大学院工学研究科物質化学工学部門教授工学博士京都大学)。専門は微粒子工学である。微粒子プロセスの高度化と体系化を目指して、サイクロンなどによる分級技術の高度化や沈降天秤法による粒度分布測定技術の開発にも取り組んでいる。

1973年富山大学工学部化学工学科卒業。1978年 京都大学大学院 工学研究科博士課程 単位取得後退学、広島大学工学部助手。その後助教授職を経て、広島大学大学院工学研究科教授。

所属学会編集

化学工学会、日本粉体工業技術協会、粉体工学会。

受賞歴編集

リンク編集