吉田 重氏(よしだ しげうじ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・弓術家。日置流印西派の始祖。

 
吉田重氏
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄5年(1562年
死没 寛永15年3月4日1638年4月17日[1]
改名 葛巻源八郎、吉田重氏、水軒(号)
戒名 印西/一水軒印西
主君 豊臣秀次結城秀康松平忠昌徳川家康秀忠家光
氏族 葛巻氏吉田氏
父母 吉田重綱
兄弟 重氏定勝貞氏
吉田重綱娘
重信[2]
テンプレートを表示

略歴編集

近江国蒲生郡葛巻村出身。日置流弓術を学び、当主・吉田重綱の娘を娶り吉田家に入るが、後に養父重綱と不仲になり、彼の弟・業茂に師事する。のち自ら印西派を興した。

豊臣秀次結城秀康松平忠昌に仕え、大坂の陣後は徳川氏に召し抱えられ、徳川家康秀忠家光の3代に従った。嫡子・重信は家光の旗本兼将軍家弓術指南役を務めた。

脚注編集

  1. ^ 『史料綜覧』第12編之917 220頁
  2. ^ 久馬助、寛永20年4月の江戸三十三間堂落成で射初め(いぞめ)を行った

出典編集

  • 『本朝武芸小伝』
  • 『寛政重修諸家譜』(四百三十一)