吉田隆長

日本の鎌倉時代の公家
 
吉田隆長
Yoshida Takanaga.jpg
吉田隆長像(栗原信充『肖像集』より)
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 建治3年(1277年
死没 正平5年/貞和6年2月22日1350年3月30日
改名 隆長→覚源(法名)
官位 正三位権中納言
主君 後醍醐天皇
氏族 藤原北家勧修寺流吉田家
父母 父:吉田経長、母:葉室定嗣の娘
兄弟 定房隆長冬方頼国清閑寺資房、経雅、経耀、大炊御門冬氏室、大炊御門冬氏室、二条為藤
信増法印の娘
俊長房長甘露寺藤長坊城俊実
テンプレートを表示

吉田 隆長(よしだ たかなが)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿藤原北家勧修寺流吉田家権大納言吉田経長の次男。官位正三位権中納言

経歴編集

皇太子尊治親王の東宮亮を務め、親王が後醍醐天皇として践祚した文保2年(1318年)2月26日に蔵人頭に抜擢される。同年8月24日には参議に昇進する。元応2年(1320年)3月24日には権中納言に任ぜられ、左兵衛督検非違使別当を兼ねるが、日吉大社神人を禁獄したことに延暦寺からの抗議を受け、9月10日に阿波権守に左遷される。ただし、同年12月には許されて帰京している。

元亨元年(1321年)7月26日に兄・定房が権大納言を辞すると、同日に民部卿に任ぜられたが同3年6月16日にこれを辞している。有職故実と兄・定房の言行を記した『吉口伝』(『夕郎故実』)を編纂したが、正中2年(1325年)6月23日に官を去って出家、覚源と号した。

南北朝分立後、兄の猶子となっていた三男・藤長と共に京都に残る。正平3年/貞和4年(1348年)、藤長が家号を「甘露寺」と定めた際に、南朝に仕えていた定房の子宗房(後の南朝右大臣)と嫡流の地位を巡って争ったことが『園太暦』に見える。

正平5年/貞和6年(1350年)、余命短い事を悟った隆長は『唯識論』を書写、その中で現在北朝に仕えている一門の者が藤長しかいないことを嘆き、家門の存続を願っている。翌月74歳で死去した(『園太暦』)。

出典編集

  • 村田正志松本周二『吉田定房事蹟』(吉田定房事蹟顕彰会、1940年、非売品。のち『村田正志著作集 第3巻続々南北朝史論』(思文閣出版、1983年) ISBN 978-4-7842-0345-1 所収)
  • 松薗斉「『吉口伝』(藤原隆長)-変容する儀式書」(松薗斉・近藤好和編著『中世日記の世界』(ミネルヴァ書房、2017年)ISBN 978-4623078530所収)