メインメニューを開く

吉礼駅

日本の和歌山県和歌山市にある和歌山電鐵の駅

吉礼駅(きれえき)は、和歌山県和歌山市吉礼にある和歌山電鐵貴志川線駅番号08

吉礼駅
WER-Kire.jpg
きれ
KIRE
07 岡崎前 (1.0km)
(1.6km) 伊太祈曽 09
所在地 和歌山県和歌山市吉礼
駅番号 08
所属事業者 和歌山電鐵
所属路線 貴志川線
キロ程 6.4km(和歌山起点)
電報略号 キレ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
446人/日
-2017年-
開業年月日 1916年(大正5年)2月15日
テンプレートを表示
駅全景(ホーム側より)

古くからの集落にあり利用客が多い駅である。

歴史編集

  • 1916年(大正5年)2月15日 - 山東軽便鉄道の駅として開業。
  • 1929年(昭和4年)11月 - 社名変更により山東鉄道の駅となる。
  • 1931年(昭和6年)4月28日 - 社名変更により和歌山鉄道の駅となる。
  • 1957年(昭和32年)11月1日 - 和歌山電気軌道との合併により同社鉄道線の駅となる。
  • 1961年(昭和36年)11月1日 - 南海電気鉄道との合併により同社貴志川線の駅となる。
  • 1998年(平成10年)3月 - 駅舎を撤去。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 和歌山電鐵への継承により同社貴志川線の駅となる。

駅構造編集

単式ホーム1面1線をもち列車同士の行き違いができない地上駅である。この駅の駅舎は1998年(平成10年)に撤去され、設備としてはホームとその上の上屋、そして独立したトイレ(男女共用の汲取式)があるのみである。ホームと外との連絡はホームの端にあるスロープによる。駅舎の跡地には利用者が自転車を置いている。

無人駅で、自動券売機自動改札機などは設置されておらず、スルッとKANSAI対応のカードも使用できない。ただし、前述のとおりこの駅は利用者が多いので朝夕のラッシュ時などにはワンマン列車に運転手のほかに、この駅で集札業務をするための要員が和歌山駅からこの吉礼駅まで乗車する。

貴志川線の駅では唯一、ホーム側に看板型駅名標が存在しない。かつては存在したが、現在白く塗りつぶされた遺構のみが残存している。

駅周辺編集

この駅の北側には古くからの吉礼集落が広がっており駅前には商店などもある。またこの駅の南側を東西に流れる和田川を橋で渡った対岸には菖蒲丘団地がありここの住民にも当駅の利用者は多い。当駅の南側の低い山の上には和歌山信愛女子短期大学があるが同大学へはとなりの岡崎前駅から行くほうが便利である。

なお当駅と当駅の一つ和歌山よりにある岡崎前駅との間で貴志川線は阪和自動車道と交叉することとなる。

  • 和歌山吉礼簡易郵便局
  • 和歌山市立山東小学校
  • 和歌山市役所西山東支所
  • マツゲン吉礼駅前店
  • 武内宿祢誕生井

備考編集

和歌山軌道線廃止以降、同線の譲渡まで南海最南端の駅であった。また、当時存在した3・3・SUNフリーきっぷでは、近鉄の賢島駅よりも南にあり、同フリーきっぷで乗降可能な最南端(なおかつ関西大手私鉄の最南端)の鉄道駅であった。

隣の駅編集

和歌山電鐵
貴志川線
岡崎前駅 (07) - 吉礼駅 (08) - 伊太祈曽駅 (09)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目編集

外部リンク編集