メインメニューを開く

吉良 満義(きら みつよし)は、南北朝時代武将信濃国守護三河国西条城主。

 
吉良満義
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 正平11年/延文元年9月23日1356年10月17日[1]
改名 吉良満義→寂光寺[1]
別名 通称:三郎[1]
戒名 寂光院殿
官位 左兵衛佐[1]中務大輔[1]左京大夫[1]
幕府 室町幕府 信濃守護
主君 足利尊氏直義
氏族 三河吉良氏
父母 父:吉良貞義
兄弟 満義助時
満貞一色有義尊義岡山満康
橋田満長
テンプレートを表示

生涯編集

元弘の乱で倒幕の兵を挙げた足利尊氏に従い、京都の六波羅探題攻撃に参加。倒幕後に建武の新政が開始されると、足利直義に従い関東に下向し、建武元年(1334年)正月には関東廂番六番頭人に任命された[2]

建武2年(1335年)2月、信濃国北条氏残党が活動を始めると、これを鎮圧するため、一族の吉良時衡を信濃へ派遣した[3]。時衡は信濃守護小笠原貞宗と共に軍を指揮したが、鎮圧は成功せず北条時行武蔵国進出を許してしまい、これが鎌倉陥落へと繋がる(中先代の乱)。乱が勃発した時点での満義の居所は不明[4]だが、以降、延元元年(1336年)の南北朝の分裂までの間、尊氏・直義に従い各地を転戦する。

延元3年/建武5年(1338年)1月の美濃国青野原の戦いに参加した後、興国元年/暦応3年(1340年)から翌年にかけては信濃守護職に就いていたという[5]。興国5年/康永3年(1344年)3月、幕府引付方の一番頭人に就任し、直義の政務を補助する。直義が満義に寄せる信頼は非常に厚く、直義の嫡男である如意丸は、正平2年/貞和3年(1347年)6月8日、二条京極にあった満義の邸宅で誕生している。また、同じ頃、陸奥国へ赴いた吉良貞家満家父子の領地であった吉良東条を接収している[6]

観応の擾乱では、終始直義側に立ち、尊氏から「吉良荘の凶徒」と呼ばれる[7]。正平7年/観応3年(1352年)2月に直義が没した後も容易に尊氏には降らず、数年にわたり南朝に属して抵抗を続けた。その後、嫡男・満貞と袂を分かち[8]北朝に帰順。正平10年/文和4年(1355年)に南朝軍が京都を占領した際は、近江国に下向していた後光厳天皇の警備を尊氏から任されている。

正平11年/延文元年(1356年)9月23日、死去[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 小川 1997.
  2. ^ 一族である吉良貞家も三番頭人に任命されている。
  3. ^ 師守記興国6年(1345年)6月20日条。
  4. ^ 太平記』では直義救援のため京都から関東へ下る尊氏の先鋒として満義の名を挙げているが、同じ『太平記』の別版では直義とともに鎌倉を落ちたとされている。
  5. ^ 『市河倫房軍忠状』より前述の吉良時衡が同国守護代に就いていたと考えられる。
  6. ^ 正平2年/貞和3年(1347年)4月の花岳寺(愛知県西尾市吉良町岡山、東条に属する)開創は、満義の命によると考えられている。
  7. ^ 正平6年/観応2年(1351年)11月20日付け『土岐右馬権頭頼康宛足利尊氏書状』。尊氏の関東下向の際、吉良勢が三河でその進軍を妨害した際の書状。
  8. ^ 尊氏が長年反抗を続けた満貞の帰順を許さず、やむなく満義のみ帰順したとする見方もある。

出典編集