吉良 義郷(きら よしさと、? - 天文6年(1537年)1月(旧暦))は、戦国時代武将三河西条吉良氏仮名は三郎。左兵衛佐の官職を僭称した。母は後藤平大夫の女。法名は寶樹寺殿奇山敏勝大禅定門。

西条城主吉良氏の吉良義堯の長男として生まれる。義安義昭は弟にあたる。父義堯の跡を継いで西条吉良氏の当主となったが、早世したという。一説に天文6年(1537年)に駿河大名今川義元と戦い戦死したともいわれる(吉良氏の菩提寺実相寺に伝わった吉良氏系図では天文9年(1540年)4月23日死去)。また別説に尾張の大名織田信秀と戦い戦死したとも言われる(義堯の正室が義元の姉であることが判明したことに加え、天文9年当時、今川氏河東一乱によって北条氏と戦っている隙を突いて織田氏が三河に侵攻していた[1])。義郷の死後、家督を義安が継いだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小林輝久彦「天文・弘治年間の三河吉良氏」(初出:『安城市歴史博物館研究紀要』12号(2012年)/所収:大石泰史 編『シリーズ・中世関東武士の研究 第二七巻 今川義元』(戎光祥出版、2019年6月) ISBN 978-4-86403-325-1) 2019年、P248-251.
先代:
吉良義堯
西条吉良家当主
吉良義郷
次代:
吉良義昭