メインメニューを開く

吉良 親貞(きら ちかさだ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将長宗我部国親の次男。長宗我部氏家臣

 
吉良親貞
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文10年(1541年
死没 天正4年7月15日1576年8月9日
改名 長宗我部親貞 → 吉良親貞
別名 弥五良、左京進、播磨守
主君 長宗我部国親元親
氏族 秦姓長宗我部氏源姓希義流吉良氏
父母 父:長宗我部国親、母:不明
養父:吉良宣直
兄弟 長宗我部元親親貞香宗我部親泰島親益
吉良宣直女
如淵親実親正親英
テンプレートを表示

生涯編集

天文10年(1541年)、土佐国戦国大名・長宗我部国親の次男として誕生。

初陣は兄・長宗我部元親と同じ長浜の戦いである。永禄6年(1563年)、兄の命で土佐吉良氏の婿養子となってこれを継ぎ、その後は一条氏討伐で多数の軍功を挙げ、元親に代わって総大将を務めることもあった。一条兼定の追放も、この親貞の尽力あってのことと言われている。

天正3年(1575年)、一条兼定が再起を図って土佐に攻め込んできた際、一時、長宗我部氏は窮地に陥ったが、親貞は四万十川の戦いで一条軍を大いに破り、その窮地を救った。

天正4年(1576年)、病死。その死は長宗我部氏にとって大きな損失であり、もし、それがなければ、元親の四国平定は5年は早まったであろうといわれる。

関連項目編集