メインメニューを開く

吉都線

日本の鹿児島県姶良郡湧水町から宮崎県都城市に至る九州旅客鉄道の鉄道路線

吉都線(きっとせん)は、鹿児島県姶良郡湧水町吉松駅から宮崎県都城市都城駅に至る九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線地方交通線)である。肥薩線八代駅 - 吉松駅間と合わせて「えびの高原線」の愛称が付けられている。

JR logo (kyushu).svg 吉都線
小林駅停車中のキハ40形
基本情報
通称 えびの高原線
日本の旗 日本
所在地 鹿児島県宮崎県
起点 吉松駅
終点 都城駅
駅数 17駅
電報略号 キチセ[1]
開業 1912年10月1日
所有者 九州旅客鉄道(JR九州)
運営者 九州旅客鉄道
使用車両 運行形態の節を参照
路線諸元
路線距離 61.6 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 非電化
閉塞方式 特殊自動閉塞式(電子符号照査式)
保安装置 ATS-SK
路線図
Hisatsu line and Kitto line ja.png
テンプレートを表示

概要編集

霧島山の北東側を廻り宮崎県西部のえびの市小林市と南部の都城市、そして県都宮崎市および鹿児島を結んでいる。都城 - 隼人間が現在の経路で開通するまでは、こちらが日豊本線だった時期がある。また、1974年から1980年まで博多 - 宮崎間の特急「おおよど」、1959年から2000年まで熊本 - 宮崎間に急行「えびの」(当初は準急だった。一時期は博多にも直通していた)が経由し、肥薩線とともに中九州と南九州を結ぶ役割を持っていた。

2008年度分の統計によれば、吉都線の輸送密度は576人/日であり、JR九州の路線のうちで最下位である[2]。この輸送密度は、国鉄改革の際に廃止された特定地方交通線に選定される水準である。当線は国鉄時代から特定地方交通線なみの輸送密度だったが、「平均乗車キロが30kmを超え、輸送密度が1,000人/日以上」という例外規定に該当したため[3]、第3次廃止対象特定地方交通線からは除外されていた。

2018年12月25日から2019年4月30日まで、縁起の良い梅やだるま、招き猫などを車体にあしらった「キット、願いかなう」ラッピング列車が運行された。デザインは沿線の小林高校美術部が担当、ネスレ日本(神戸市)の協力を得て、チョコレート菓子「キットカット」とのコラボレーション企画も実施された[4][5]

路線データ編集

  • 管轄(事業種別):九州旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ):61.6km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:17(起終点駅含む)
    • 吉都線所属駅に限定した場合、起終点駅(吉松駅は肥薩線、都城駅は日豊本線の所属[6])が除外され、15駅となる。
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(電子符号照査式)

全線が鹿児島支社の管轄である。

運行形態編集

時間帯によっては3時間ほど運行されない時間があるが、それ以外はほぼ1時間に1本程度運行されている。優等列車の運転はなくなり、全列車ワンマン運転の普通列車となっている。2016年3月25日までは、早朝の一部の列車は車掌が乗務していた。 すべての列車が全線を通して運転されており、一部の列車は都城駅から日豊本線に乗り入れて宮崎駅まで、吉松駅から肥薩線に乗り入れ隼人・鹿児島中央駅まで運転される。

車両はほとんどキハ40系が使用されており、キハ125形キハ200系は使用されたことがない。

2012年4月から、日中に線路修繕工事を実施するため、8月を除く毎月第2水曜日の一部列車が運休となる。それに伴うバスやタクシーによる代行輸送は実施されない[7]。2019年度の修繕工事のための運休は4日の予定である[8]

歴史編集

当時、鹿児島本線の駅だった吉松駅から分岐して、吉松 - 小林町(現在の小林)間が宮崎線として1912年に開業したのが始まり。翌1913年、現在の吉都線の区間である都城駅まで開通した。宮崎線はさらに宮崎、重岡方面へ延伸され豊州本線と繋がり日豊本線となったが、都城 - 隼人間が1932年に開通してそちらが日豊本線となり、吉松 - 都城間が吉都線となった。

  • 1912年(大正元年)10月1日 【開業】宮崎線 吉松 - 小林町 【駅新設】京町、加久藤、飯野、小林町
  • 1913年(大正2年)5月11日 【延伸開業】小林町 - 谷頭 【駅新設】高原、高崎新田、谷頭
  • 1913年(大正2年)10月8日 【延伸開業】谷頭 - 都城(現在の吉都線が全通) 【駅新設】都城
  • 1916年(大正5年)10月25日 宮崎線 吉松 - 宮崎間 全通
  • 1917年(大正6年)9月21日 【線名改称】宮崎本線
  • 1923年(大正12年)12月15日 【線名改称】日豊本線(小倉 - 吉松間全通により)
  • 1929年(昭和4年)2月1日 【駅新設】西小林
  • 1932年(昭和7年)12月6日 【路線分離】吉都線 都城 - 吉松(現行の日豊本線ルート開業により)
  • 1947年(昭和22年)3月1日 【駅新設】万ケ塚、日向前田
  • 1951年(昭和26年)3月1日 【駅名改称】小林町→小林
  • 1952年(昭和27年)4月15日 【駅新設】日向庄内
  • 1957年(昭和32年)7月5日 【駅新設】上江
  • 1958年(昭和33年)2月1日 【駅新設】鶴丸
  • 1959年(昭和34年)5月1日 準急「えびの」(熊本 - 宮崎)運転開始
  • 1961年(昭和36年)10月1日 【駅新設】広原
  • 1962年(昭和37年)2月15日 準急「からくに」(出水 - 宮崎、山野線経由)運転開始
  • 1963年(昭和38年)12月1日 【駅新設】東高崎
  • 1966年(昭和41年)3月5日 準急「えびの」「からくに」急行格上げ
  • 1968年(昭和43年)2月21日 えびの地震により、線路、鉄橋が破壊される。29日復旧。
  • 1974年(昭和49年)4月25日 特急「おおよど」(博多 - 宮崎)運転開始
  • 1980年(昭和55年)10月1日 特急「おおよど」廃止
  • 1985年(昭和60年)3月14日 【無人化】西小林、万ヶ塚
  • 1986年(昭和61年)11月1日 【無人化】京町、飯野、加久藤、高原、高崎新田、谷頭(電子閉塞装置導入のため)
  • 1987年(昭和62年)4月1日【貨物営業廃止】全線 【承継】九州旅客鉄道
  • 1990年(平成2年)11月1日 【駅名改称】飯野→えびの飯野、上江→えびの上江、加久藤→えびの、京町→京町温泉
  • 1993年(平成5年)10月1日 ワンマン運転開始
  • 2000年(平成12年)3月11日 急行「えびの」廃止
  • 2009年(平成21年)3月7日 第二長江川橋梁切り替え
  • 2011年(平成23年)1月26日-28日2月1日 霧島山新燃岳噴火による被災のため、全線で運転見合わせ
  • 2016年(平成28年)3月26日 車掌乗務廃止、全列車ワンマン化
  • 2018年(平成30年)12月25日 ネスレ日本の協力で、小林高校美術部がデザインした「キット、願いかなう」吉都線ラッピング列車が2019年4月30日まで運行される[4][5]
  • 2019年(令和元年)

駅一覧編集

  • 全列車普通列車(すべての駅に停車)
  • 線路(全線単線) … ◇・∨・∧:列車交換可、|:列車交換不可
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
吉松駅 - 0.0 九州旅客鉄道肥薩線隼人方面へ直通あり) 鹿児島県
姶良郡湧水町
鶴丸駅 2.6 2.6  
京町温泉駅 2.4 5.0   宮崎県 えびの市
えびの駅 4.6 9.6  
えびの上江駅 3.4 13.0  
えびの飯野駅 2.0 15.0  
西小林駅 5.6 20.6   小林市
小林駅 6.2 26.8  
広原駅 4.0 30.8   西諸県郡
高原町
高原駅 4.0 34.8  
日向前田駅 4.6 39.4   都城市
高崎新田駅 4.4 43.8  
東高崎駅 4.3 48.1  
万ケ塚駅 2.9 51.0  
谷頭駅 3.5 54.5  
日向庄内駅 3.0 57.5  
都城駅 4.1 61.6 九州旅客鉄道:日豊本線

輸送実績編集

平均通過人員(輸送密度)、旅客運輸収入は以下の通り。

年度 平均通過人員(人/日) 旅客運輸収入
(百万円/年)
出典
全区間(吉松 - 都城)
1987年度 1,518
2016年度 466 83 [14]
2017年度 474 87 [15]
2018年度 465 80 [16]

脚注編集

  1. ^ 日本国有鉄道電気局『鉄道電報略号』、1959年9月17日、24頁。
  2. ^ 梅原淳「国内鉄道全路線の収支実態」『鉄道完全解明2011』(週刊東洋経済臨時増刊、2011年7月8日)
  3. ^ 鉄道ジャーナル1984年11月号NO.213の131頁
  4. ^ a b JR吉都線ラッピング列車【運行は終了しました】 - 都城市、2019年7月7日閲覧
  5. ^ a b 吉都線に「キットカット」列車 JR九州 - 日本経済新聞、2018年12月25日
  6. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  7. ^ 列車運休について (PDF) [リンク切れ] - 九州旅客鉄道
  8. ^ 列車運休について (pdf)”. 九州旅客鉄道. 2019年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  9. ^ 九州南部の大雨、JR吉都線で土砂流出 バス輸送を実施 復旧には時間を要する見込み - 乗りものニュース、2019年7月4日
  10. ^ JR九州、吉都線で代行バス開始 線路下の土流出で - 日本経済新聞、2019年7月8日
  11. ^ 大雨で土砂流出のJR吉都線、バス代行輸送は「当分の間」に変更 土休日も実施 - 乗りものニュース、2019年7月4日
  12. ^ 当初7月19日までの平日に運行し、その後は復旧作業の状況などを踏まえ発表するとされたが、土休日含め当分の間実施に変更[11]
  13. ^ 吉都線 1カ月ぶり再開」『Miyanichi e-press (宮崎日日新聞)』宮崎日日新聞社、2019年8月2日。2019年8月4日閲覧。
  14. ^ 交通・営業データ”. 九州旅客鉄道. 2017年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  15. ^ 交通・営業データ”. 九州旅客鉄道. 2019年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  16. ^ 線区別ご利用状況”. 九州旅客鉄道. 2019年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。

参考文献編集

  • 週刊歴史でめぐる鉄道全路線国鉄・JR02「肥薩線/吉都線/三角線」 朝日新聞出版 2009年

関連項目編集