メインメニューを開く

吉里吉里駅

日本の岩手県上閉伊郡大槌町にある三陸鉄道の駅

吉里吉里駅(きりきりえき)は、岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里二丁目にある、三陸鉄道リアス線

吉里吉里駅
ホーム(2019年2月)
ホーム(2019年2月)
きりきり
Kirikiri
大槌 (3.4km)
(1.8km) 浪板海岸
岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里二丁目1
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 リアス線
キロ程 52.3km(起点)
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面1線
開業年月日 1938年昭和13年)4月5日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

駅の愛称は「鳴き砂の浜」。

目次

歴史編集

 
旧駅舎(2012年に解体され現存せず)

駅構造編集

単式ホーム1面1線の地上駅である。

かつては有人時代の木造駅舎が残っていたが、2012年2月に老朽化を理由に解体された。ホームは築堤上にあり階段を十数段上ることになる。

駅周辺編集

吉里吉里駅と井上ひさし『吉里吉里人』ブーム編集

1981年(昭和56年)、井上ひさしの小説『吉里吉里人』がベストセラーになり、一大ブームを巻き起こした。小説中の吉里吉里村はこの駅のある大槌町吉里吉里地区ではなく、宮城県岩手県の県境付近にある東北本線沿線の平野部に設定された架空の村である。しかし「吉里吉里」の地名のもととなった地区であるということで注目され、地域も村おこしを目的に「吉里吉里独立宣言」を発し、独立(ミニ独立国)、観光拠点化した。

現在はそのブームも落ち着き、駅構内や集落の何箇所かにその形跡を残すのみである。なお、JR東日本が管理していた当時、釜石線営業所ではエスペラントによる駅愛称を付与しており、当駅は『吉里吉里人』にちなんで「Reĝolando(レジョランド:王国)」という愛称となっていた。

なお小説中では、実在の吉里吉里の名が、吉里吉里浜の砂を踏む音から地名が名づけられたことを紹介している。出典は金田一京助であろうが、アイヌ研究の碩学・知里真志保は「実はアイヌ語で白砂のことである」と書いており、主張が分かれている。現在でも諸説ある。

隣の駅編集

三陸鉄道
リアス線
大槌駅 - 吉里吉里駅 - 浪板海岸駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月6日、18-19頁。

関連項目編集