メインメニューを開く

吉野 修一郎(よしの しゅういちろう、1991年9月28日 - )は、日本プロボクサー栃木県鹿沼市出身。第62代日本ライト級王者。三迫ボクシングジム所属。

吉野 修一郎
基本情報
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-09-28) 1991年9月28日(27歳)
出身地 栃木県鹿沼市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 10
勝ち 10
KO勝ち 8
テンプレートを表示

人物編集

ボクシングを始めたきっかけは父と叔父の影響[3]

作新学院高校時代は、インターハイ国体選抜(2度)で優勝を果たして高校4冠[4]となって東京農業大学に進学。ちなみに大学時代は国体と国際大会で2度準優勝を果たし[5]、ボクシング部の後輩に中澤奨がいる[6]

大学卒業はサラリーマンになるが、1年のブランクを経てプロ入りを決断[7]

来歴編集

2015年12月14日に後楽園ホールでペッジャー・シットパーセーンとウェルター級4回戦を戦い、3回2分40秒TKO勝ちを収めてデビュー戦を白星で飾った[8]

2016年10月13日に後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」にて日本ライト級12位の恩庄健太と61.5キロ契約8回戦を戦い、3回0分51秒TKO勝ちを収めた[9]。なおこの勝利でJBCの発表した最新ランキングで初めてライト級日本ランク入りを果たす[10]

その後2連勝して、2017年10月21日に後楽園ホールで日本ライト級2位のスパイシー松下と日本ライト級王座決定戦を行い、7回1分23秒TKO勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[11]

そして2018年2月8日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」のメインイベントで日本ライト級1位の斉藤正樹と日本ライト級タイトルマッチを行い、1回2分36秒TKO勝ちを収めて日本王座初防衛に成功した[12]。なおこの試合で東日本ボクシング協会から2018年2月度月間賞MVPを受賞した[13]

同年6月14日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」のメインイベントで日本ライト級7位の前田絃希と日本ライト級タイトルマッチを行い、9回2分49秒KO勝ちを収めて日本王座2度目の防衛に成功した[14]。また同年12月13日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」にて日本ライト級10位の小林和優と日本ライト級タイトルマッチを行い、3回1分37秒TKO勝ちを収めて日本王座3度目の防衛に成功した[15][16]

2019年4月11日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」にて日本ライト級1位で指名挑戦者のアクセル住吉と日本ライト級タイトルマッチを行い、7回2分12秒TKO勝ちを収め日本王座4度目の防衛に成功した[17]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • アマチュアボクシング - 124戦104勝20敗
  • プロボクシング - 10戦10勝0敗0分(8KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2015年12月14日 勝利 3R 2:40 TKO ペッジャー・シットパーセーン   タイ プロデビュー戦
2 2016年2月11日 勝利 6R 判定3-0 チャイヨン・シットサイトーン   タイ
3 2016年10月13日 勝利 3R 0:51 TKO 恩庄健太(渡嘉敷)   日本
4 2017年4月13日 勝利 8R 判定3-0 加藤善孝角海老宝石   日本
5 2017年8月10日 勝利 2R 0:30 TKO カティカー・サイトーンジム   タイ
6 2017年10月21日 勝利 7R 1:23 TKO スパイシー松下(セレス   日本 日本ライト級王座決定戦
7 2018年2月8日 勝利 1R 2:36 TKO 斉藤正樹 (10COUNT)   日本 日本王座防衛1
8 2018年6月14日 勝利 9R 2:49 KO 前田絃希(グリーンツダ   日本 日本王座防衛2
9 2018年12月13日 勝利 3R 1:37 TKO 小林和優(RK蒲田)   日本 日本王座防衛3
10 2019年4月11日 勝利 7R 2:12 TKO アクセル住吉(関門JAPAN)   日本 日本王座防衛4
11 2019年10月10日 - - - ハルモニート・デラ・トレ   フィリピン WBOアジアパシフィック・OPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦
テンプレート

脚注編集

  1. ^ 吉野、左フック一発で3回TKO!「手応えあった」 3度目の防衛に成功/BOX サンスポ 2018年12月14日
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】ライト級 (61.23 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 吉野 修一郎(ヨシノ シュウイチロウ) マイベスト株式会社
  4. ^ 高校4冠から世界へ! 吉野修一郎 Sports Funding
  5. ^ 三迫ジムにアマエリートが入門 ボクモバニュース 2015年7月25日
  6. ^ 関東王者・東農大がV3 ボクモバニュース 2013年1月8日
  7. ^ 12.14戸部洋平が復帰戦、元アマ吉野修一郎は初陣 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月11日
  8. ^ 伊藤雅雪が初防衛、江藤伸悟に大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月14日
  9. ^ 竹中良がOPBF王座V2、谷口将隆はIBF12位下す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月13日
  10. ^ 2016年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  11. ^ 吉野修一郎が無傷の6連勝、日本ライト級王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月21日
  12. ^ 吉野修一郎が圧巻の初回TKO勝ち、日本ライト級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月8日
  13. ^ 2月の月間MVPは吉野修一郎、敢闘賞は木村隼人 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月6日
  14. ^ 吉野修一郎は9回KO勝ち 日本ライト級V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月14日
  15. ^ 吉野修一郎が3連続KO勝ち 圧勝で日本ライト級V3 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月13日
  16. ^ 吉野修一郎が3度目防衛「しっかり仕留められた」 日刊スポーツ 2018年12月13日
  17. ^ 吉野修一郎が圧巻の4連続KO防衛 日本ライト級戦 Boxing News(ボクシングニュース)2019年4月11日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
西谷和宏
第62代日本ライト級王者

2017年10月21日 - 現在

次王者
N/A