吉野 紗香(よしの さやか、1982年5月14日 - )は、日本タレントモデル女優千葉県千葉市出身。

よしの さやか
吉野 紗香
生年月日 (1982-05-14) 1982年5月14日(38歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県
身長 152cm
血液型 A型
職業 タレント
ジャンル バラエティ
映画テレビドラマ舞台雑誌CM
活動期間 1994年 -
配偶者 既婚(2010年-)
主な作品
映画
幻の光』『ワンダフルライフ
ブギーポップは笑わない
『病葉流れて』
舞台
『あかね空』『ANGEL GATE』
あらしのよるに』『華々しき一族』
テレビドラマ
あぐり』『それが答えだ!
少年たち
テンプレートを表示

略歴編集

小学6年生の時、自ら一般オーディションに応募し、合格。CMや少女向けファッション雑誌モデルとして活躍する。

1995年、少女漫画誌『ちゃお』(小学館)のモデルグランプリに選ばれる。篠山紀信撮影による『月刊PANjA』(扶桑社)の少女シリーズに登場。また、是枝裕和初の長編映画『幻の光』において主役・ゆみ子の少女時代を演じる[1]ジュニアアイドルとして多方面で活躍し、「チャイドル」ブームの火付け役となった[1]

1996年、連続ドラマ『勝利の女神』や映画『地獄堂霊界通信』に出演。

1997年、連続テレビ小説あぐり』(NHK)、水曜劇場それが答えだ!』(フジテレビ)に出演。少女向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)の創刊に伴い野村佑香ERIらと共にモデル(ニコモ)に起用される。映画『タオの月』に出演する。

1998年、連続ドラマ『Days』に出演。久保田利伸プロデュースによる『こんな気持ち 〜ハリハリヘリヘリ〜』でCDデビューする。写真集『Sweet 16』やイメージビデオ『Avenir』を出版。

1999年、フランス・ブルターニュ地方で撮影した写真集『少女の欲望』を出版。同年10月からインターネット連続ドラマ『グラウエンの鳥籠』の主演を務める。同作品はアクセス数を伸ばし、ミリオンヒットとなった[2]。また、映画『ワンダフルライフ』に出演する。

2000年、『ブギーポップは笑わない』で映画初主演を務める。

2002年、映画『忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE』に出演。

2003年、舞台『寝盗られ宗介』に出演。

2004年、インターネットテレビひかり荘にて『吉野紗香のやるっきゃNIGHT!』の配信を開始。

2007年、『あらしのよるに』で舞台初主演を務める。

2008年、映画『病葉流れて』、ひるドラキッパリ!!』に出演。テレビアニメ『ミチコとハッチン』で声優に初挑戦する。また、若尾文子主演の舞台『華々しき一族』に出演し、初の全国公演を経験する。

2010年、Twitterの利用を開始。『華々しき一族』を再演。

2011年、オーストラリアで撮影された、写真集『Look』を発表。

2012年2月、2010年9月にアメリカ国籍の男性と結婚していたことを発表[1][3]

2014年、映画『ゼウスの法廷』に出演[4]。またプレイボーイにてグラビア撮影[5](最新のグラビア撮影となっている)やバラエティー番組に出演する。盛んにバラエティーに出演した時の心境や反省の気持ちを明かした[6]

2015年3月、舞台『黒くて紅い華』に出演。テレビ番組にて夫を初披露[7]

2016年、保護犬やフェアトレードなどの活動の紹介番組「hello!from earth 」の配信を開始。また、この年には大学の社会人向け学習講座に出席している[8]

2017年4月、結婚7年で式を挙げ、自身の花嫁姿と感謝のメッセージを発表した[9]

2021年2月15日、第1子男児を出産[10]。3月20日、ブログで発表した[10]

人物編集

千葉市立真砂第四小学校中央区立佃中学校を卒業後、日出女子学園高等学校入学したが、一年時には留年が確定し、芸能活動多忙のため中退[11]。後に高等学校卒業程度認定試験に合格する[12]

左利き。趣味は、インターネット、手芸、ドライブ。動物(特に犬)が大好きで、保護犬の活動に参加をしている。映画、ドラマ、漫画やアニメなどが好き。

毒舌キャラで暴露系の番組などにも出ていたが、これに関してはゴシップ週刊誌に書いていた事をそのまま言っていただけとのこと[13]

2016年のインタビューでは、家庭を第一にしタレント業は控えているとのこと[14]

出演編集

映画編集

舞台編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

テレビ番組編集

CM編集

ラジオ編集

ゲーム編集

インターネット編集

  • Webドラマ『グラウエンの鳥籠』(1999年 - 2000年、アスキーイーシー)- 主演・角田奈緒 役
  • Webドラマ『シンクロニシティーフェアリーテイル』(2001年)- 映画とのメディアミックス作品
  • Webシネマ『TRUNK』(2003年、日産自動車
  • ひかりナイトバラエティ「吉野紗香のやるっきゃNIGHT!」(2004年 - 2007年、ひかり荘
  • テレビわんちゃん(2005年、Act On TV)- 司会&ナビゲーター
  • Webドラマ『杉山くんたちは夜専門』(2005年、NETCINEMA.TV)- 坪井 役
  • 不思議世界の歩き方(2008年、goomo

その他編集

リリース作品編集

イメージビデオ編集

オリジナルビデオ編集

  • 哀憑歌 〜NU-MERI〜(2008年、GPミュージアムソフト
  • 哀憑歌 〜GUN-KYU〜(2008年、GPミュージアムソフト)
  • 東京NEO魔悲夜 1 - 3(2008年 - 2009年、GPミュージアムソフト)- ソナ 役

CD編集

  • こんな気持ち 〜ハリハリヘリヘリ〜(1998年7月17日、ポニーキャニオン)吉野紗香 with NANSHO boppersとして
  • ざわめき(1999年4月14日、ポニーキャニオン)
  • EMPTY 〜さみしさが見える夢〜(1999年7月16日、ポニーキャニオン)

書籍編集

写真集編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “元祖チャイドル吉野紗香結婚していた!”. 日刊スポーツ. (2012年2月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120202-897942.html 2014年2月13日閲覧。 
  2. ^ 好調、e-sekaiのインターネットドラマ--吉野紗香主演の『グラウエンの鳥籠』がミリオンヒットを突破”. ASCII.jp. アスキー・メディアワークス (1999年11月10日). 2014年2月13日閲覧。
  3. ^ ご報告を。”. オフィシャルブログ「黄色いお家」 (2012年2月2日). 2014年2月10日閲覧。
  4. ^ http://eiga.com/news/20140308/6/
  5. ^ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/03/30/27601/
  6. ^ http://npn.co.jp/article/detail/58948208/
  7. ^ https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/15/0008568316.shtml
  8. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/13719924/
  9. ^ http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170417/Oricon_2089334.html
  10. ^ a b “吉野紗香、第1子男児出産を報告「夫婦に待望のベイビー、ナユタセナくんが誕生」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年3月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2187917/full/ 2021年3月20日閲覧。 
  11. ^ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195324/2
  12. ^ 高校卒業認定試験、合格☆”. オフィシャルブログ「黄色いお家」 (2010年1月22日). 2014年2月13日閲覧。
  13. ^ http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170317/enn1703171400019-n1.htm
  14. ^ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195324/3
  15. ^ http://www.bunkatsushin.com/news/article.aspx?id=50407
  16. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/4964626/

外部リンク編集