メインメニューを開く

吉野 良彦(よしの よしひこ 1930年9月1日 - )は、日本大蔵官僚。元大蔵事務次官

来歴・人物編集

現在の東京都杉並区出身。都立一中(都立一高・日比谷高)、第一高等学校東京大学法学部政治学科在学中に国家公務員6級職試験(法律職・行政職)合格、1953年大蔵省入省(昭和28年旧制組前期入省)。28年旧制入省組同期には、水野繁国税庁長官、証券局長)、大場智満財務官)、津島雄二宮下創平近藤鉄雄安倍基雄宮本保孝銀行局長)、小山昭蔵(印刷局長)、楢崎泰昌(北海道開発庁次官)、名本公洲(日銀政策委員)など。なお、28年新制入省組には西垣昭(吉野のあとに次官)、梅沢節男国税庁長官主税局長)、矢崎新二防衛事務次官)らがいた。

入省後は大臣官房文書課に配属。福知山税務署長、国税庁所得税課課長補佐、和歌山県総務部財政課長、主計局主計官補佐(農林担当)などを経て、1969年行政管理庁行政管理局管理官に。

以後、主計局主計官(総務課)、銀行局中小金融課長、官房調査企画課長、官房文書課長を経て、主計局次長に。以来、経済企画庁官房長、大蔵省官房長、主計局長ののち、1986年、大蔵事務次官に就任。

1988年6月竹下登総理の私邸を訪れ消費税5%を直訴し、自民党税調の判断で3%となった上で同年12月に消費税法が成立した[1]

1989年財政投融資を動かす権能をも持つ国民金融公庫総裁。1992年日本開発銀行総裁就任。1993年細川内閣の下では首相の私的諮問機関・経済改革研究会(座長・平岩外四、通称・平岩研究会)委員となる。減税や国債の積極活用などの積極財政論に対して、健全財政論で反駁する。大蔵省にあっては財政再建強硬派として有名であった。

1994年日本銀行総裁候補に当時の現役大蔵事務次官斎藤次郎のラインで推されたが、自ら固辞したこともあり、松下康雄にお鉢が回った。斎藤次郎は、自身を見い出し育ててくれた師匠と奉ずる吉野良彦を中心に、主流派閥の親分格山口光秀や、平澤貞昭らを推挙していた。しかし、三重野康前総裁が一高同期ということでその後釜に自身の芽は無かった有力次官OB長岡實は松下康雄を推挙。長岡は、後任東証理事長は山口とリークし、また平澤が国民公庫総裁から横浜銀行頭取にスカウトされ、当の吉野も当時の国際金融関係の政策や人事を同期の大場に任せていた手前、自らを"内政派"として固辞していた姿勢を崩さなかったため、斎藤も竹内道雄 - 長岡實元次官主流ラインの下、長岡が推す松下というシナリオを追認せざるを得なかった[2]

山口光秀は「山口ワル秀」などと呼ばれたように、吉野は「ワル野ワル彦」。平気で嘘を吐くセンスや清濁併せ呑むことに対して付けられる「ワル」といった愛称は、官僚の世界では最高の誉め言葉とされる[3]

2003年勲一等瑞宝章受章。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣人事局がぶっ壊した霞が関の秩序「森友記録」破棄の官僚も出世”. デイリー新潮 (2012年8月3日). 2019年4月26日閲覧。
  2. ^ 栗林良光『大蔵省の危機』講談社文庫、1996年2月15日、218-222頁。
  3. ^ 岸宣仁『財務官僚の出世と人事』文春新書、2010年8月20日。
    エリート官僚 天下り繰り返し8億~10億円の生涯賃金を稼ぐ”. NEWSポストセブン (2012年7月14日). 2019年4月26日閲覧。


先代:
高橋元
日本開発銀行総裁
第9代:1992年 - 1998年
次代:
小粥正巳