メインメニューを開く

同和鉱業花岡線

日本の秋田県大館市を通っていた同和鉱業が運営していた鉄道路線

花岡線(はなおかせん)は、かつて秋田県大館市に存在した同和鉱業鉄道路線

花岡線
概要
現況 廃止
起終点 起点:大館駅
終点:花岡駅
駅数 3駅
運営
開業 1914年1月26日 (1914-01-26)専用鉄道として)
軽便鉄道開業 1916年1月26日
廃止 1985年4月1日 (1985-4-1)
所有者 花岡鉱山→藤田組→小坂鉄道→
同和鉱業
路線諸元
路線総延長 4.8 km (3.0 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
過去の軌間 762 mm (2 ft 6 in)(1951年まで)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STR
国鉄奥羽本線
STRq KRZu STR+r
国鉄:花輪線
exSTR+l ABZgxr+l STRr
exBHF BHF
0.0 大館
exABZgr STR
同和鉱業小坂線
xKRZo STRr
国鉄:奥羽本線
exBHF
3.2 松峯
exBHF
4.8 花岡
exKBSTe
花岡鉱山

概要編集

花岡鉱山からの鉱石輸送を目的として、1914年(大正3年)に花岡鉱山が開設していた専用鉄道を翌1915年(大正4年)鉱山と共に藤田組(同和鉱業の前身)が買収、同年に1909年(明治42年)に後の小坂線を開業させていた小坂鉄道に譲渡され、1916年(大正5年)に旅客営業も行う普通鉄道として開業した。

この時は、小坂線と同様に762mm軌間軽便鉄道規格路線であったが、1951年(昭和26年)に小坂線より一足早く1067mmへ改軌され(小坂線の改軌は1962年)、国鉄との貨車直通を可能にした。1958年(昭和33年)には同和鉱業へ小坂鉄道が合併され、同社の保有となった。

しかし花岡鉱山の閉山を受け、1983年(昭和58年)に貨物営業を廃止する。その後しばらく旅客輸送は継続したが、1985年(昭和60年)に全線が廃止となった。

なお残った小坂線も、1989年(平成元年)に小坂製錬へ経営が移管されたのち、2009年(平成21年)に廃止された。

路線データ編集

廃止時点

  • 路線距離:大館 - 花岡間4.8km
  • 駅数:3
  • 軌間:1067mm
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 複線区間:なし(全線単線

歴史編集

運行概要編集

1984年6月1日当時

  • 旅客列車本数:日6往復(うち3往復は、休日と学校休校日運休)
  • 所要時間:全線7分

駅一覧編集

全駅秋田県大館市に所在。接続路線の事業者名は廃止当時のもの

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線
大館駅 - 0.0 日本国有鉄道奥羽本線花輪線
同和鉱業小坂線
松峯駅 3.2 3.2  
花岡駅 1.6 4.8  

旅客廃止後の代替輸送編集

2013年現在、秋北バスが一般路線バス「繋沢線・大森線・寺の沢線」を運行している。花岡線代替区間に当たる大館駅 - 花岡間では3路線合わせて20 - 60分間隔の比較的高頻度で運行している。

脚注および参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1915年11月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「鉄道運輸開始」『官報』1916年2月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目編集