メインメニューを開く

概要編集

同志社大学法学部は、19世紀創立の同志社政法学校を源流とし、法律知識及びリーガルマインドの涵養に優れた日本法学教育をリードする存在であり、多数の法曹を輩出してきた伝統を有している。法律学科及び政治学科の2学科が置かれている[1]

沿革編集

  • 1891年 同志社政法学校設置を開設[2]
  • 1897年 同志社高等学部政法学校を開設[2]
  • 1904年 同志社高等学部政法学校廃止[2]
  • 1912年 専門学校令による同志社大学発足、政治経済部を設置[2]
  • 1919年 政治経済部を法学部に改称[2]
  • 1920年 大学令による同志社大学発足、法学部を設置(政治学科・経済学科)[2]
  • 1923年 法学部に法律学科を設置[2]
  • 1936年 国体明徴論文掲載拒否事件起こる。
  • 1944年 文学部と統合され法文学部法経学科となる[2]
  • 1946年 法文学部から独立し法経学部を設立。法律学科、政治学科、経済学科を設置[2]
  • 1948年 新制同志社大学法学部に改組され、法律学科及び政治学科を設置[2]

学科編集

  • 法律学科[3]
    • 入学定員683人[3]
  • 政治学科[3]
    • 入学定員210人[3]

著名な出身者編集

政治・行政編集

法曹編集

経済編集

マスコミ、ジャーナリズム編集

研究編集

文学編集

美術編集

芸能編集

アナウンサー編集

スポーツ編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集