同志社大学短期大学部

かつて存在した日本の私立短期大学

同志社大学短期大学部(どうししゃだいがくたんきだいがくぶ、英語: Doshisha Junior College[2])は、京都府京都市上京区今出川通烏丸東入新小路町[1]に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、1958年に廃止された。学生募集は1953年度まで[3]1954年度より、同志社大学経済の各学部第二部を設置するに伴い、短期大学の学生募集を停止し、1958年12月10日をもって廃止[4]

同志社大学短期大学部
Doshisha01.JPG
大学設置/創立 1950年
廃止 1958年
学校種別 私立
本部所在地 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入新小路町[1]
学部 商経科第二部
英語科第二部
工業科第二部
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 同志社大学短期大学部には、英語・商経・工業の各学科が設置されていた。

学風および特色編集

  • 同志社大学短期大学部は同志社大学が新制大学として設置された翌年に併設された私立短大で、学科構成は全て夜間部となっており、日中勤務しながら学ぶ人を対象としたものとなっていたことがうかがえる。それぞれ大学第二部に改組される。

沿革編集

  • 1950年 同志社大学短期大学部開学。
    • 商経科第二部
    • 英語科第二部
    • 工業科電気専攻第二部
  • 1953年度をもって全学科の学生募集を終了[5]
  • 1958年12月10日 廃止[4]

基礎データ編集

所在地編集

  • 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入新小路町[1]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 商経科第二部[6]
  • 英語科第二部[7]
  • 工業科電気専攻第二部[8]

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

施設編集

キャンパス編集

 
同志社大学今出川キャンパス
  • 現在の同志社大学今出川キャンパス内に短期大学が設置されていた。

系列校編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 現在は、京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601番地である。
  2. ^ CiNii-学術研究年報-より。2014年8月27日閲覧。
  3. ^ 同志社大学/年表及び昭和29年度『短期大学一覧』24頁を参照。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』281頁より。
  5. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1379頁によると、1954年度現在の学生数は「商経科で474人(うち女子8人)、英語科で89人(うち女子18人)、工業科:35人(すべて男子)」という内容になっている。
  6. ^ 入学定員150名
  7. ^ 入学定員100名
  8. ^ 入学定員50名
  9. ^ 同書338頁に短期大学名と当時の所在地のみ記載がある。
  10. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目編集

関連サイト編集