名取忠愛

名取 忠愛(なとり ちゅうあい[1] / ただよし、慶応2年10月19日1866年11月25日) - 昭和23年(1948年8月21日)は、日本の政治家実業家名望家歌人貴族院議員、甲府市長(官選第10・12代)。号は楓園。

略歴編集

甲斐国甲府山田町(現在の山梨県甲府市中央)に、父「忠文」、母「かく」の長男として生まれる。

明治12年(1879年)4月に山梨県立師範学校予科に入学、明治14年(1881年)3月に退校し明倫舎で漢籍を修業、明治17年(1884年)9月に徽典館師範科に入学、明治20年(1887年)3月に卒業し甲府小学校訓導となり明治26年(1893年)10月に退職する。

明治43年(1910年)3月1日から大正5年(1916年)1月まで甲府市会議員を務め、大正5年(1916年)1月15日から大正8年(1919年)6月25日、大正11年(1922年)9月23日から大正12年(1923年)3月14日の2期に渡り、第10代及び第12代の甲府市長を務めている。また、多額納税者による互選により、昭和4年(1929年)8月31日[2]から昭和16年(1941年)6月13日[3]まで貴族院議員を務めている。

実業面においては、甲府商業会議所会頭[4]第十銀行取締役[5]山梨貯蓄銀行頭取[6]を務めている。

歌人としての活動編集

妻は甲府の素封家である坂田家出身の正代[7]。忠愛と正代は眼科医歌人柳田国男の実兄でもある井上通泰に歌結社「南天荘」の門人で、毎年上京して例会に参加した[8]。忠愛・正代は甲府においても大正年間に佐佐木信綱「竹柏会」の甲府支部を地元歌人らと支え[9]、自らも短歌結社「山梨鴬蛙会」「高砂会」を主催した[10]。歌集として戦後の1959年に次女の淑子が刊行した『楓木抄』がある[11]

忠愛の和歌は日々の生活を詠んだ歌のほか、1939年(昭和14年)1月に広瀬久忠が山梨県出身者として初めて平沼内閣における大臣厚生大臣)に就任した際には「国のためつくしゝいさをあらはれていまし大臣とあふかれぬらむ」と詠み、1940年7月に同じく山梨県出身者の小林一三第2次近衛内閣の商工大臣に就任した際には「常ならむ時をときとて大臣にと召されしきみのすかた雄ゝしも」と、世辞に関する歌も詠んでいる[12]

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』212頁。
  2. ^ 『官報』第804号、昭和4年9月2日。
  3. ^ 『官報』第4329号、昭和16年6月14日。
  4. ^ 大正10年(1921年)4月2日から市長就任により退任した同11年(1922年)9月25日まで務めている。
  5. ^ 大正9年(1920年)7月15日から同11年(1922年)9月18日(甲府市長就任により辞任)、大正13年(1924年)1月15日から昭和13年(1938年)11月30日
  6. ^ 山梨貯蓄銀行は大正11年(1922年)1月4日に甲府市桜町に開業。同行の開業から甲府市長就任のために辞任した大正11年(1922年)9月までの初代頭取、大正12年(1923年)7月から同行が山梨中央銀行に合併した昭和18年(1943年)12月1日までの三代頭取を務めている。
  7. ^ 杉本(2009)、p.16
  8. ^ 杉本(2009)、p.16
  9. ^ 『山梨県史 通史編5 近代1』、p.705
  10. ^ 杉本(2009)、p.16
  11. ^ 杉本(2009)、p.16
  12. ^ 杉本(2009)、p.16

参考文献編集

  • 『第二版 山梨人事興信録』大正3年(1914年)刊
  • 『山梨百科事典 創刊120周年記念版』山梨日日新聞社編 平成4年(1992年)刊
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 杉本仁「山梨県におけるキリスト教と民俗学-山中共古から中沢新一まで-」『甲斐 第118号』山梨郷土研究会、2009年