メインメニューを開く

名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線

日本の愛知県名古屋市東区から守山区に至る名古屋ガイドウェイバスのガイドウェイバス路線

ガイドウェイバス志段味線(ガイドウェイバスしだみせん)は、愛知県名古屋市東区大曽根駅から同市守山区小幡緑地駅に至る名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス案内軌条式軌道)路線。当線および、当線と直通して一般道路を走行する平面区間を含む運行系統についてゆとりーとラインの愛称がつけられている。

Nagoya GuideWay-Bus logomark.svg ガイドウェイバス志段味線
走行中の車両
走行中の車両
概要
通称 ゆとりーとライン
種別 軌道(案内軌条式)(ガイドウェイバス
起終点 起点:大曽根駅
終点:小幡緑地駅
駅数 9駅(専用軌道区間)
路線記号 Y
運営
開業 2001年3月23日 (2001-03-23)
所有者 名古屋ガイドウェイバス
使用車両 名古屋ガイドウェイバスの車両を参照
路線諸元
路線総延長 6.5 km (4.0 mi)(専用軌道区間)
運行速度 最高60km/h[1]
路線図
Nagoya Guideway Bus Map.png
テンプレートを表示

ここでは、軌道法に基づき軌道特許を受けた大曽根 - 小幡緑地間の専用軌道区間(高架区間)について記述する。平面区間を含めた運行路線の詳細については「ゆとりーとライン」を参照のこと。

概要編集

守山区の志段味地区に造られる志段味サイエンスパークの足として計画され、バスと一般的な新交通システムの中間の輸送力を持つガイドウェイバスが採用された。

大曽根 - 小幡緑地間の専用軌道区間は新都市交通システムへの転用も考慮し、全線が高架線となっている。建設費はキロ当たり54億円以上とガイドウェイバスにしてはやや高め(土地取得費用が不要だったオーストラリアアデレードのガイドウェイバスはキロ当たり6億円程度)。施設・車両は名古屋ガイドウェイバスが保有・管理しており、専用軌道区間での車両の運転は同社から委託を受けて小幡緑地より先の平面区間(一般道路区間)から乗り入れるバス事業者(名古屋市交通局)が行っている。

なお、ドイツイギリスなどで導入されているガイドウェイバスの専用軌道区間は地上区間もあるが、名古屋ガイドウェイバスの場合、専用軌道区間は全線高架を走るので専用軌道区間を高架区間、また一般道路を走行する平面区間も全線地上を走ることから地上区間とも呼ぶことがある。

大曽根駅の各路線では当路線への乗換案内もされるが、実態としては「バス」であるため、鉄道の時刻表の路線図には記載されていない(あるいは『JTB時刻表』の索引地図などではバス路線として記載されている)。名古屋市営地下鉄の車内の路線図には、あおなみ線リニモと共に当路線も記載されている。

路線データ編集

停車場・施設・接続路線
 
 
 
 
JR東海中央本線
   
 
 
 
名鉄瀬戸線
     
Y01 大曽根駅
         
名古屋市営地下鉄名城線
       
     
Y02 ナゴヤドーム前矢田駅
     
Y03 砂田橋駅
       
矢田駅
         
守山自衛隊前駅
 
Y04 守山駅
 
Y05 金屋駅
 
Y06 川宮駅
 
Y07 川村駅
 
Y08 白沢渓谷駅
 
Y09 小幡緑地駅
 
モードインターチェンジ
 
専用軌道・一般道境界
 
↓高蔵寺方面
  • 路線距離(営業キロ):6.5 km(専用軌道区間)
  • 案内軌条:側方案内式
  • 駅数:9駅(専用軌道区間)
  • 複線区間:全線
  • 動力:内燃
  • 最高速度:60km/h[1]

軌道の規格について編集

本路線の軌道の規格は、大曽根駅取り付け区間(曲線半径30m)を除いて、最小曲線半径100m、最急勾配60としている[2]。これは、将来新交通システムに移行した場合でも走行が可能となるように設定したものとされている[2]

歴史編集

  • 2001年(平成13年)3月23日 大曽根 - 小幡緑地間が開業[3]。当初、運行業務は、名古屋市交通局のほか、名鉄バスジェイアール東海バスにも委託しており、実質的には3事業者の共同運行であった。
  • 2009年(平成21年)10月1日 名鉄バス、ジェイアール東海バスが運行から撤退、運行は名古屋市交通局のみになる。
  • 2013年(平成25年)4月1日 守山市民病院駅を金屋駅に改称[4]

運行形態編集

以下の運転系統の路線が運行されている。高架区間(専用軌道区間)である大曽根 - 小幡緑地間だけを走る系統を除いて平面区間に直通する。高架区間では昼間時間帯約10分間隔の運転となる。

  • 大曽根 - 小幡緑地
  • 大曽根 - 中志段味
  • 大曽根 - 中志段味(志段味スポーツランド・サイエンスパーク経由)
  • 大曽根 - 高蔵寺

車両編集

運賃編集

2014年9月1日現在の運賃は、高架区間は区間制で1区200円、2区220円、3区250円で、大曽根-小幡緑地間は250円。平面区間は他の市バス路線と同額の210円、両区間通しの大曽根-下島以東(中志段味・高蔵寺方面)間は440円である。高架区間と平面区間を通しで乗車する場合、両区間の運賃を合算し、一定料金を割り引く。こどもは半額であるが、10円未満は切り捨てとなる。

利用可能な乗車券類編集

ICカードはmanacaのほかTOICAなど交通系ICカード全国相互利用サービスに対応するそのほかのカードが利用できる[5]

乗車方法編集

運賃支払方式は、乗車口で整理券を取り、降車口で料金箱に現金を投入するか、運転手に定期券や敬老パス・福祉パスの提示を行うことになる。各種プリペイドカード(現在は使用不可)の場合はバス中央部の乗車口でカードを通し、バス前部の降車口でプリペイドカードを通していた。なお、現金投入時に釣銭は出ないため事前に両替が必要。旧500円硬貨および2000円以上の紙幣には非対応。

利用状況編集

高架区間の年度別輸送実績は以下の通り。乗車人員は名古屋市統計年鑑、輸送密度は鉄道統計年報による。

年度別輸送実績
年 度 乗車人員
人/日
輸送密度
人/日
2001年 5288
2002年 6225
2003年 6941
2004年 7529
2005年 8392
2006年 9163
2007年 9332
2008年 9756
2009年 9706
2010年 9804
2011年 10031
2012年 10282 7733
2013年 10703 8055
2014年 11063 8320
2015年 11388 9042
2016年 11640 8810
2017年 12143

高架区間の駅別乗車人員は以下の通り。名古屋市統計年鑑による。なお、地上区間からの直通利用は小幡緑地駅からの乗車に含めて計上されるが、小幡緑地駅からの乗車は全体の6.5%程度(往復で考えれば13%程度)にとどまっており、利用の多くが高架区間で完結していることがわかる。

駅別乗車人員(2017年度)
駅 名 乗車人員
人/日
大曽根 4577
ナゴヤドーム前矢田 1036
砂田橋 1731
守山 734
金屋 942
川宮 928
川村 745
白沢渓谷 652
小幡緑地 793

駅一覧編集

全駅名古屋市に所在。

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
Y01 大曽根駅 - 0.0 東海旅客鉄道CF 中央本線
名古屋鉄道ST 瀬戸線
名古屋市営地下鉄  名城線 (M12)
東区
Y02 ナゴヤドーム前矢田駅 1.0 1.0 名古屋市営地下鉄:  名城線 (M13)
Y03 砂田橋駅 0.6 1.6 名古屋市営地下鉄:  名城線 (M14)
Y04 守山駅 1.1 2.7 名古屋鉄道:ST 瀬戸線(守山自衛隊前駅 守山区
Y05 金屋駅 0.6 3.3  
Y06 川宮駅 1.0 4.3  
Y07 川村駅 0.8 5.1  
Y08 白沢渓谷駅 0.9 6.0  
Y09 小幡緑地駅 0.5 6.5 (一般道路直通)

今後の予定編集

専用軌道である高架区間では車両側での制御による自動運転の実証実験が予定されている[6][7][8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ガイドウェイバスのしくみ - 名古屋ガイドウェイバス
  2. ^ a b 名古屋ガイドウェイバス『ガイドウェイバス志段味線建設の記録』 - 2004年3月、本体設計章(55 - 66頁)
  3. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成十八年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  4. ^ ゆとりーとライントピックス:守山市民病院駅の駅名変更について(お知らせ) - 名古屋ガイドウェイバス、2013年2月27日。
  5. ^ ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)におけるICカード全国相互サービスの拡充について - 名古屋ガイドウェイバス、2016年1月29日
  6. ^ 名古屋市、バス自動運転で国と連携 - 日本経済新聞、2017年6月21日
  7. ^ ガイドウェイバスに自動運転導入を検討…名古屋ゆとりーとライン - レスポンス、2017年6月16日
  8. ^ 自動運転の実現に向けた今後の国土交通省の取組(案) (PDF) - 国土交通省、2017年6月

関連項目編集

外部リンク編集