メインメニューを開く

名古屋フラーテルホッケーチーム(なごやフラーテルホッケーチーム、NAGOYA FRATER HOCKEY TEAM)は、日本の男子ホッケーチームである。運営母体はNPO法人愛知スポーツ倶楽部。

名古屋フラーテル
正式名称 VERTEX ホッケーチーム
競技種目 フィールドホッケー
創設 1985年
本拠地 愛知県名古屋市
ウェブサイト 公式サイト

2016年には「VERTEXホッケーチーム」と改名したが、2017年にチーム名を「名古屋フラーテルホッケーチーム」に戻した[1]。その後2017年10月に改めてチーム名を「VERTEXホッケーチーム」としている[2]、2019年1月からは「表示灯フラーテルホッケーチーム」にした。獲得タイトルは、全国男子社会人チーム最多の計82回である。また、アジア・主要全国タイトルは、大学含めた全国男子チーム最多の計53回である。

概要編集

表示灯男子ホッケー部として1985年に発足して以来、日本の男子ホッケー強豪チームとして活躍し、2006年シーズンよりクラブチーム化した。ラテン語で「フラーテル」は "兄弟" を意味し、「VERTEX(ベルテクス)」は "頂点" を意味する。

クラブチームになったことで、選手が20名となった。2002年から2007年ホッケー日本リーグで、表示灯時代から数えて6年連続優勝を飾った。2008年は天理大学ベアーズに敗れ7連覇にはならなかった。

2012年11月、日本ホッケー協会リオデジャネイロオリンピック出場を目指すホッケー男子日本代表(サムライジャパン)を、名古屋フラーテルのメンバーによる単独チームで運営していくと発表している[3]

獲得タイトル編集

以下は表示灯男子ホッケー部からの戦績である。

所属選手・スタッフ編集

2018年現在[4]

  • 監督 : 姜建旭
  • 主将 : 山部晃嗣

過去の主な所属選手編集

脚注編集

外部リンク編集