メインメニューを開く

名古屋メダル(なごやメダル)は、有機合成化学分野において業績を残した化学者に与えられるである。

目次

概要編集

科学技術振興機構研究開発戦略センター長で名古屋大学特別教授の野依良治シカゴ大学中部大学教授、名古屋大学名誉教授の山本尚が発案し、財団法人万有生命科学振興国際交流財団(現・公益財団法人MSD生命科学財団)の支援を受け、1995年(平成3年)に創設されたもの[1][2]

国際的に偉大な業績をあげた合成化学者に贈られるゴールドメダルと合成化学分野において優れた業績をあげ、今後の発展が期待されるライジングスターに贈られるシルバーメダルがあり[2]、名古屋メダル組織委員会の選考により選出されている[1]

歴代受賞者編集

ゴールドメダル編集

※国外研究者が対象[2]

受賞年度 受賞者 所属
1995年 岸義人 ハーバード大学
1996年 クラーク・スティル英語版 コロンビア大学
1997年 ロバート・グラブス カリフォルニア工科大学
1998年 アンリ・カガン パリ第11大学
1999年 サミュエル・ダニシェフスキー コロンビア大学
2000年 Manfred T. Reetzドイツ語版 マックス・プランク研究所
2001年 キリアコス・コスタ・ニコラウ スクリップス研究所
2002年 ディーター・ゼーバッハ スイス連邦工科大学チューリッヒ校
2003年 デヴィッド・エヴァンス ハーバード大学
2004年 フレイザー・ストッダート カリフォルニア大学ロサンゼルス校
2005年 中西香爾 コロンビア大学
2006年 スティーヴン・V・レイ ケンブリッジ大学
2007年 ラリー・オーヴァーマン英語版 カリフォルニア大学アーバイン校
2008年 バリー・トロスト スタンフォード大学
2009年 ジャン・フレシェ カリフォルニア大学バークレー校
2011年 エリック・ジェイコブセン英語版 ハーバード大学
2012年 Paul Knochelドイツ語版 ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
2013年 ベルナルト・L・フェリンハ フローニンゲン大学
2014年 ジョン・ハートウィグ英語版 カリフォルニア大学バークレー校
2015年 スチュアート・シュライバー ブロード研究所英語版・ハーバード大学
2016年 ステファン・バックワルド マサチューセッツ工科大学
2017年 バード・マイヤー英語版 アイントホーフェン工科大学
2018年 デイヴィッド・マクミラン英語版 プリンストン大学

特別賞編集

2006年、タイチュラポーン皇女が化学とその関連分野の発展に献身されたとして名古屋メダル特別賞(ゴールドメダル)を受賞している。

シルバーメダル編集

※国内研究者が対象[2]

受賞年度 受賞者 所属
1999年 鈴木啓介 東京工業大学
2000年 相田卓三 東京大学
2001年 中村栄一 東京大学
2002年 小林修 東京大学
2003年 藤田誠 東京大学
2004年 丸岡啓二 京都大学
2005年 杉野目道紀 京都大学
2006年 吉田潤一 京都大学
2007年 袖岡幹子 理化学研究所
2008年 村上正浩 京都大学
2009年 野崎京子 東京大学
2011年 谷野圭持 北海道大学
2012年 秋山隆彦 学習院大学
2012年 寺田眞浩 東北大学
2013年 茶谷直人 大阪大学
2014年 浜地格 京都大学
2015年 侯召民 理化学研究所
2016年 澤村正也 北海道大学
2017年 菅裕明 東京大学
2018年 安達千波矢 九州大学

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b イベント情報”. 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所. 2017年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d 名古屋メダル―受賞者一覧”. Chem-Station. 2017年2月10日閲覧。

外部リンク編集