メインメニューを開く

名古屋保険金殺人事件(なごやほけんきんさつじんじけん)とは、1979年から1983年にかけて発生した殺人事件。「半田保険金殺人事件」とも呼ばれる。

概要編集

運送業を経営する男T(当時32歳)と従業員I(当時37歳)が2人の男性を保険金殺人で殺害し、また借金返済を迫った男性を殺害した事件である。

事件編集

第一の事件
1979年11月19日、Tが経営する店の客であるA(当時20歳)を生命保険金を目的に愛知県の海に釣り船から突き落として殺害。だが、警察自殺と断定したため保険金詐取に失敗した。
第二の事件
1983年1月24日、従業員B(当時30歳)を生命保険金を目的に京都府で殺害し、山城町のがけに遺体を載せたトラックを転落させ、事故を装い保険金2000万円を受け取った。
第三の事件
1983年12月25日、Tに借金返済を迫っていた金融業者C(当時39歳)の殺害を計画。愛知県で2人がかりで鉄棒でメッタ打ちにして殺害し、遺体に錨を付けて海中に遺棄。

裁判編集

1985年12月2日名古屋地裁は2人に死刑判決を言い渡した。1987年3月31日名古屋高裁控訴棄却。Iは上告せず死刑が確定。1993年9月21日最高裁はTの上告を棄却し死刑が確定した。

Tはこの間、クリスチャンになっており、聖書に記された箇所を何枚ものイラストに書き起こしていた。

死刑執行編集

1998年11月19日、Iの死刑が執行された。56歳没。

2001年12月27日、Tの死刑が執行された。51歳没。

日本では同一事件の共犯は同日に死刑執行することが慣例となっており、同一事件の共犯が別々に死刑執行されるのは極めて異例である。これは、Bの兄らが従犯であるTの死刑を望まず、減刑のための活動を行ったことが影響しているのではないか、とも言われている。

Bの兄の原田正治は、Tの死刑が確定する直前や、確定後に拘置所の特別の計らいでTに面会し、それを通じ死刑を望まなくなった、と語っている。彼は現在、犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し、講演活動などを行っている。

関連項目編集

関連書籍編集

  • 大塚公子『その日はいつなのかー。死刑囚 長谷川敏彦の叫び』角川文庫
  • 原田正治『弟を殺した彼と、僕。』ポプラ社