メインメニューを開く
名古屋大学 > 名古屋大学大学院国際開発研究科

名古屋大学大学院国際開発研究科(なごやだいがくだいがくいんこくさいかいはつけんきゅうか、英称:Graduate School of International Development (GSID))は、名古屋大学大学院に設置される研究科の一つである。

目次

概要編集

名古屋大学大学院国際開発研究科は、環太平洋地域国際協力等に関する独立研究科として、1991年に設立された。初代研究科長は小川英次[1]グローバリゼーションに伴う問題群に関する研究等をミッションとして掲げている[2]

沿革編集

  • 1991年 - 名古屋大学に国際開発研究科を設置。国際開発専攻を開設[1]
  • 1992年 - 国際協力専攻を開設[1]
  • 1993年 - 国際コミュニケーション専攻を開設[1]
  • 2017年 - 国際コミュニケーション専攻を名古屋大学大学院文学研究科と統合し廃止[1]
  • 2018年 - 国際開発協力専攻のみの1専攻制に改組[1]

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「沿革」名古屋大学 大学院国際開発研究科
  2. ^ 「ミッション・特色」名古屋大学 大学院国際開発研究科

外部リンク編集