メインメニューを開く

名古屋工業高等学校(なごやこうぎょうこうとうがっこう)は、愛知県名古屋市昭和区円上町にある学校法人名工学園が運営する私立高校である。

名古屋工業高等学校
Nagoya Technical HS1.jpg
過去の名称 名古屋工科学院
名古屋工科学校
名古屋工業学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人名工学園
設立年月日 1920年(名古屋工科学院)
共学・別学 男子校
分校 永和台研修センター
課程 全日制課程
設置学科 情報技術科
電気科
建築科
土木科
機械科
工業科学科(昭和40年頃~平成7年)
高校コード 23520C
所在地 466-0054
愛知県名古屋市昭和区円上町22-38
北緯35度8分28.8秒 東経136度55分11.5秒 / 北緯35.141333度 東経136.919861度 / 35.141333; 136.919861座標: 北緯35度8分28.8秒 東経136度55分11.5秒 / 北緯35.141333度 東経136.919861度 / 35.141333; 136.919861
外部リンク 名古屋工業高等学校 (日本語)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

1929年 に全国私立工業学校の中で5番目[注 1](または6番目[注 2])に甲種工業学校認可を受けた高校である。本校と分校永和台研修センター)がある。創立80周年記念事業として8階建ての免震構造校舎を建設した。略称名は主に「名工」であるが、「名工校」と呼ばれる場合もある。生徒のことを「名工生」と呼ぶ。私立高校であり、国立大学法人の「名工大」(名古屋工業大学)との関連はない。

特色編集

国家試験合格者が多く、資格試験対策に力を入れている工業高校である。そのため資格試験前には授業時間が一時的に増える。第二種電気工事士の免許取得者数が平成16年度から5年連続で高校全国一位で、比較的難易度の高い初級システムアドミニストレータ合格者数が全国的に多いことでよく知られ、ジュニアマイスターシルバー及びゴールド取得者数も毎年多い。また、スポーツにも力を入れており部活動も活発である。

就職希望者の正社員就職率は100%を誇っていることでよく知られる。また、近年では情報技術科を中心に大学への進学者も多い。制服は金ボタン5個の紺詰襟学生服。昼食は持参の弁当のみ。

教育方針編集

「工業立国日本」の担い手として、平和国家の建設と、社会の発展に貢献できる中堅技術者の育成を目指し、心身の健全・着実な修学・礼節を尚ぶを建学の精神として、心・技・体の調和のとれた技術者の育成に努める。

沿革編集

  • 1920年 - 名古屋工科学院創立
  • 1921年 - 名古屋工科学校に改称
  • 1929年 - 甲種工業学校認可(全国私立工業学校5番目)
  • 1929年 - 名古屋工業学校に改称
  • 1948年 - 学制改革により名古屋工業高等学校に改称
  • 1963年 - 工業化学科設置
  • 1984年 - 電気科設置
  • 1993年 - 情報技術科設置
  • 2020年 - 創立100周年

校舎編集

校舎は本校と分校とがある。分校は永和台研修センターとも呼ばれる。

本校編集

  • 所在地は名古屋市昭和区円上町22-38
  • 8階建ての免震構造の校舎がある。主に授業や部活が行われる。正門前には創立者の銅像がある。

分校(永和台研修センター)編集

  • 所在地は愛知県愛西市大井町姥弥八
  • 広大なグラウンドと体育館を有し、主に体育系科目の授業や部活や大会等に使用される。
  • 2008年12月、別館のプレハブ校舎跡に平屋鉄筋コンクリート冷暖房完備3教室完成。

交通アクセス編集

本校編集

分校編集

学校関係者編集

著名な卒業生編集

補足編集

この学校のパンフレットや紹介ページ等では、震度8以上の地震にも耐えられる免震構造とされているが、気象庁震度階級に震度8は存在しないため、メルカリ震度階級の可能性もある。その場合気象庁震度階級で耐えられる震度は6強程度である。しかし、校内関係者では、「気象庁規定の震度7にも十分耐えられる」という意味で震度8という語を用いたと考えられている。事実、建築関係の資料を見ると、「阪神淡路大震災にも十分耐えられる」とある。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 生徒手帳に記載されている
  2. ^ 『名工学園五十年のあゆみ』4ページ18行目に記載されている

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集