メインメニューを開く

名古屋市交通局藤が丘工場

藤が丘工場

藤が丘工場(ふじがおかこうじょう)は、愛知県名古屋市名東区朝日が丘(敷地の一部は長久手市)にある名古屋市交通局の車両工場(車両基地)である。名古屋市営地下鉄東山線の車両基地であり、終点藤が丘駅のさらに先にある。

概要編集

1969年(昭和44年)4月1日の東山線藤が丘延伸に先立つ同年3月1日に開設された[1]。当初の名称は藤ヶ丘工場であったが、2004年(平成16年)10月1日藤が丘工場に改称している[2]

工場の広さは約94,000m2で、名古屋市営地下鉄では日進工場に次ぐ大きさである。350両(6両編成55本相当)の留置が可能である。地下鉄東山線の車両(5050形N1000形)の日常検査・月検査・列車検査・重要部検査・全般検査を行っている。[要出典]

その他編集

脚注編集

参考文献編集

  • 名古屋市交通局『市営交通70年のあゆみ』名古屋市交通局、1992年8月1日(日本語)。全国書誌番号:93003908
  • 日本路面電車同好会名古屋支部『名古屋の市電と街並み』トンボ出版、1997年(日本語)。ISBN 488716095X
  • 名古屋市交通局『名古屋の地下鉄メモリアル50 市営地下鉄開業50周年記念』名古屋市交通局、2008年(日本語)。全国書誌番号:21394880

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度11分00秒 東経137度01分28秒 / 北緯35.183275度 東経137.024354度 / 35.183275; 137.024354