名古屋市交通局2000形電車 (鉄道)

名古屋市交通局2000形電車(なごやしこうつうきょく2000がたでんしゃ)は、1989年平成元年)に登場した名古屋市交通局名古屋市営地下鉄名城線名港線用の通勤形電車

名古屋市営地下鉄2000形電車
Nagoya Subway 2127 Motoyama 20090518.JPG
2000形電車
基本情報
運用者 名古屋市交通局
製造所 日本車輌製造
日立製作所笠戸事業所
製造年 1989年 - 2004年
製造数 36編成216両
投入先 名城線名港線
主要諸元
編成 6両編成(4M2T)
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600V
第三軌条方式
最高運転速度 65 km/h
起動加速度 3.3 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
車両定員 制御車 96人または97人
電動車 107人
自重 制御車 22 t
電動車 25.2 t
全長 15,580 mm
全幅 2,546 mm
全高 3,440 mm
台車 ボルスタレス式空気ばね台車
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 75 kW × 4 (台/両)
駆動方式 WNドライブ
編成出力 1,200 kW
制御方式 GTOまたはIGBT-VVVFインバータ制御
制動装置 電気指令式電磁直通ブレーキ
保安装置 CS-ATC
テンプレートを表示

車両概要編集

名城線で初めて冷房装置が搭載され、また名古屋市営地下鉄の第三軌条方式で初めてVVVFインバータ制御が採用された車両である。冷房化と6両編成化を行うための1000形の置き換えと各区間延伸開業に合わせる車両増備のため、1989年平成元年)から2004年(平成16年)にかけて6両編成36本(216両)が導入された。

車体はステンレス鋼製で、名城線のラインカラーである紫の帯を巻いている。客用ドア間の側窓は従来の3連から1段下降開閉式と固定式の2連窓に変更された。運転席の速度計にデジタル式を採用していることも特徴の一つである。マスコン横軸ツーハンドル式を採用している[1]

客室設備では、荷棚が座席部分全長に亘って設けられている。なお、荷棚のパイプの向きは東山線5050形などと異なり、枕木方向に設置されている。客用ドア間の座席は8人掛けから7人掛けに減じたが、1人分の着席幅が拡大されたバケットシートで、モケットの色はライトグリーンである。桜通線6000形と同様に化粧板は白色系、天井は高めの平天井構造とし、車体寸法の割に明るく開放感のある車内となっている。客用ドア付近に増設されたつり革はパイプを介さず、天井から直接吊り下げられている。

名城線・名港線は路線や車庫がすべて名古屋市内にあり、他路線への直通運転もないことから、常に名古屋市内を走っている。そのため、名古屋市営地下鉄の車両で唯一、名古屋市外に出ることのない車両である。以下に他路線の事例を挙げる。

編成編集

左回り(新瑞橋・八事)側・名古屋港方面先頭から3両目にあたる2300形は平日の始発から午前9時まで女性専用車両となる。

形式
金山駅基準
← 左回り(新瑞橋・八事)・名古屋港
右回り(上前津・栄)・大曽根 →
製造年
2100
(Tc)
2200
(M)
2300
(M)
2400
(M)
2500
(M)
2600
(Tc)
車両番号 2101 2201 2301 2401 2501 2601 1989年
2105 2205 2305 2405 2505 2605
2106 2206 2306 2406 2506 2606 1990年
2107 2207 2307 2407 2507 2607
2108 2208 2308 2408 2508 2608 1991年
2109 2209 2309 2409 2509 2609
2110 2210 2310 2410 2510 2610 1992年
2111 2211 2311 2411 2511 2611 1993年
2112 2212 2312 2412 2512 2612 1994年
2115 2215 2315 2415 2515 2615
2116 2216 2316 2416 2516 2616 1995年
2117 2217 2317 2417 2517 2617
2118 2218 2318 2418 2518 2618 1996年
2119 2219 2319 2419 2519 2619
2120 2220 2320 2420 2520 2620
2121 2221 2321 2421 2521 2621 1997年
2122 2222 2322 2422 2522 2622
2123 2223 2323 2423 2523 2623 1998年
2124 2224 2324 2424 2524 2624
2125 2225 2325 2425 2525 2625 1999年
2130 2230 2330 2430 2530 2630
2131 2231 2331 2431 2531 2631 2000年
2132 2232 2332 2432 2532 2632
2133 2233 2333 2433 2533 2633 2003年[2]
2134 2234 2334 2434 2534 2634
2135 2235 2335 2435 2535 2635 2004年[3]
2136 2236 2336 2436 2536 2636

ラッピング編集

2001年12月からはコカ・コーラなどのラッピング広告を施した車両もある。

ドラゴンズ・トレイン編集

名城線は中日ドラゴンズの本拠地(ナゴヤドーム)の最寄り駅(ナゴヤドーム前矢田駅)を通っている関係で、2006年から2011年にかけて中日ドラゴンズとイオンモールナゴヤドーム前のラッピング広告を施した車両(通称「ドラゴンズ・トレイン」)が運転されていた。車体は中日ドラゴンズの選手とイオンカードなどのラッピング、車内は全て中日ドラゴンズの選手紹介のポスターとなっている(ポスターは年に1回程度入れ替わる)。また、車内の客用ドアや座席端部にはドアラらマスコットのステッカー、床材には野球のマウンドやバッターボックスの絵が貼られている。なお、2008年のみ中日ドラゴンズの選手会会長である荒木雅博による車内マナー啓発放送が自動放送の後に流れていた。[要出典]

1年毎にデザインは一新される。運行期間は原則プロ野球シーズンに従うため、毎年3月 - 11月頃までとなっている。ラッピング車両も一定していない。

  • 2006年:2136編成
  • 2007年:2115編成
  • 2008年:2125編成
  • 2009年:2122編成
  • 2010年:2112編成
  • 2011年:2126編成

基本的に他編成と共通運用であるが、毎年運行開始から1ヶ月程度は交通局公式ホームページにてドラゴンズトレインの運行ダイヤが掲載される。

改造編集

主要電気機器更新編集

本形式についても1次車の製造から既に約23年が経過し、各区間延伸開業前にGTO-ベクトル制御の試験が行われた2123編成や各区間延伸開業時に増備されたGTO-ベクトル制御車と比較すると主要電気機器の経年劣化が顕著になってきたため、2013年1月からGTO-すべり周波数制御車に主回路素子のIGBT化を中心とする主要電気機器更新が行われ、2020年6月をもってGTO-すべり周波数制御車は名城線・名港線から消滅する予定。

ホーム柵・ATO導入およびワンマン運転・ホーム柵対応改造編集

運転士負担軽減と停車位置精度向上のため、2016年7月から2020年8月にかけて全編成に車端部冷房装置搭載箇所のつり革増設を中心とするホーム柵ATO導入およびワンマン運転・ホーム柵対応改造が行われ、地上設備設置後に運転台直上部のホーム監視映像モニタ(6.4インチ × 4面)増設が行われる予定。

自動放送装置の更新編集

2014年12月から2016年1月にかけて全編成に自動放送装置の更新が行われた。

車内案内表示器の更新編集

2017年2月からは車内案内表示器の更新が行われている。

営業区間編集

名城線:全線(金山 - 上前津 - - 大曽根 - 本山 - 八事 - 新瑞橋 - 金山)
名港線:全線(金山 - 名古屋港

脚注編集

  1. ^ 他の名古屋市営地下鉄の初期のVVVF車(3050形5050形6000形)も同じく横軸ツーハンドル式を採用している。
  2. ^ 2003年度増備を最後に、日立製作所は非アルミ車体の鉄道車両製造から撤退した。
  3. ^ 名古屋市営地下鉄最後のビード入りステンレス鋼車体・弾性車輪の車両である。

外部リンク編集