メインメニューを開く

名古屋市交通局3000形電車(なごやしこうつうきょく3000がたでんしゃ)は、1977年昭和52年)に名古屋市営地下鉄鶴舞線用として登場した名古屋市交通局通勤形電車である。

名古屋市営地下鉄3000形電車
名古屋市営地下鉄3000形 (2013年8月14日 / 上小田井駅)
名古屋市営地下鉄3000形
(2013年8月14日 / 上小田井駅)
基本情報
運用者 名古屋市交通局
製造所 日立製作所
日本車輌製造
製造年 1976年 - 1984年
製造数 23編成92両
投入先 鶴舞線
主要諸元
編成 4両→6両編成
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 75 km/h(鶴舞線)
100 km/h(豊田・犬山線普通)
110 km/h(犬山線急行)
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
車両定員 制御電動車140人
自重 制御電動車39.1t
全長 20,000 mm
全幅 2,746 mm
全高 4,128 mm
台車 S形ミンデン空気バネ台車 住友[1]FS394
主電動機 分割界磁式直流直巻電動機
主電動機出力 135 kW
駆動方式 WNドライブ
歯車比 6.19
編成出力 3,240 kW (6M)
定格速度 49 km/h
制御方式 自動可変界磁式(AVF)電機子チョッパ制御
制動装置 回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
保安装置 CS-ATC
M式ATS
テンプレートを表示

鶴舞線のほか、名古屋鉄道犬山線豊田線三河線直通運転をしている。

目次

車両概要編集

名古屋市営地下鉄の車両としては初めて冷房装置を搭載した車両である。鶴舞線伏見 - 八事間開業に合わせる目的で、1977年(昭和52年)[2]から1984年(昭和59年)にかけて4両編成23本(92両)が落成した。

車体は台枠と骨組を普通鋼製、外板をステンレス製としたセミステンレス構造で、両開きの客用ドアを片側あたり4箇所に配した標準的な20m通勤型車両(車体長19.3m)である。それまで全長15.5m×全幅2.5m×全高3.4mが車両の標準寸法となっていた名古屋市営地下鉄の車両にとっては初の大型車となった。車体全高および室内高(平天井構造)の寸法も一般的なものとなっており、同じ目的で同時期に製造された名鉄100系よりも高い。車体幅も外板間は2740mm、最大幅当初2805mmで、地方鉄道車両定規を超えていた(現在は2746mm)。車体長がJRなどの20m車よりも200mm短い関係で、客用ドア間隔も50mm短く、客用ドア間の座席の1人当り占有幅は約443mmである。これは桜通線6000形3050形や名鉄100系についても同様である。

運転台窓の平面ガラス構成のパノラミックウインドウや、側窓の天地が小さめで幕板の広い側面見付けに名鉄の影響がうかがえる。運転台は乗り入れ先の名鉄に合わせて高運転台となっている。また、この車両から先頭車両前部上段には名古屋市営地下鉄のシンボルマークが入るようになった。

名鉄豊田線(当時豊田新線)との相互直通運転のため、保安装置は鶴舞線内でのCS-ATCに加え、名鉄用のM式ATSも搭載している。

 
第13編成までの車両は客室側窓がHゴム支持による固定窓となっている。
 
第14編成以降の車両は客室側窓が金属支持の1段下降窓に変更されている。

鶴舞線開業の5日前に当たる3月13日に開業した神戸市交通局神戸市営地下鉄西神・山手線1000形と同様、自動可変界磁電機子チョッパ制御回生ブレーキが導入された。このため、初期の車両は客室側窓がHゴム支持による固定窓とされたが、第14編成以降の増備車は省エネルギー対策として約半数の客室側窓が金属支持による1段下降窓に変更された。室内化粧板は濃クリーム色である。

チョッパ制御装置は1C8M方式で、容量1,800kW、合成周波数486Hzである。主電動機の定格値は端子電圧375V、電流395A、出力135kW、定格回転数1,960rpm(80%界磁)、最弱め界磁率39%である。最長編成をMT比6M2Tの8両編成と設定したため、大出力の主電動機を採用した。

車内放送には自動放送装置を採用し、名鉄線内でも使用されている。また、名鉄線対応設備として中間車両にも車掌スイッチを設置している。これは名鉄線内において車内を巡回する車掌が任意の車両においてドア扱いを行うために設置されていたが、同社の駅員無配置駅における出改札の自動化など駅集中管理システムの進展により、運用線区全線において原則的に車内改札を省略するようになったことから、豊田線以外での使用は少なくなった。

登場時には発車予告ブザーが付いておらず、後に取り付けられた。他形式とは音が異なる[3]

編成編集

の網掛は3050形

形式
← 豊田市・赤池
上小田井・犬山 →
3100
(Mc)
3200
(M)
3100A
(M)
3200
(M)
3700
(M)
3800
(Mc)
車両番号 3114 3214 3119 3219 3714 3814
3118 3218 3117 3217 3718 3818
3122 3222 3121 3221 3722 3822
形式
← 豊田市・赤池
上小田井・犬山 →
3100
(Mc)
3200
(M)
3700
(M)
3800A
(M)
3700
(M)
3800
(Mc)
車両番号 3116 3216 3717 3817 3716 3816
3120 3220 3719 3819 3720 3820
3123 3223 3721 3821 3723 3823
形式
← 豊田市・赤池
上小田井・犬山 →
3150
(Mc)
3250
(T)
3700
(M)
3800A
(M)
3750
(M)
3850
(Tc)
車両番号 3159 3259 3706 3806 3759 3859

当初は4両編成であったが、現在は6両編成化されたため、編成組成には上表の通り3種類ある。これは、元々全て以下のような組成であった4両編成の一部を中間で2両ずつに分割してそれぞれ別の4両編成と組み合わせる、という手法で6両編成としたためである。また、余剰となった2両は新造の3050形3159編成に組み込まれた。

4両編成時代の編成表は以下。

形式
← 豊田市・赤池
上小田井・犬山 →
3100
(Mc)
3200
(M)
3700
(M)
3800
(Mc)
車両番号 3101 3201 3701 3801
3123 3223 3723 3823

改造編集

組成変更・中間車化改造
 
中間に2両を挟んだ
3050形3159編成
(2006年2月2日 / 岩倉駅)

1993年8月12日の3050形の導入と鶴舞線全線開業および名鉄犬山線への直通運転開始時に6両編成化された。この際、先頭車16両は中間車化改造時にすべての編成に1両ずつ中間車代用として組み込まれたが、前照灯尾灯はそのまま残置された。これにより、編成中間に組み込まれた2両は現行編成の車番下2桁(さらに一部は客室側窓)が異なる。また、余剰となった2両は新造の3050形3159編成に組み込まれ、車側灯が3050形タイプに改造され、車掌スイッチと非常通報装置が3050形のものに更新された。

その後、2003年から2004年にかけて全車に車体連結部の転落防止幌設置が行われ、中間車代用として組み込まれた先頭車16両の前照灯と尾灯が撤去された[4]

ATC更新・省令対応改造

3次車以降で構成される6編成を対象に2009年から2011年かけてATC更新、2012年省令対応改造が行われた。

省令対応追加改造

2016年4月から5月にかけて残存する未改造車2編成に省令対応追加改造が行われた。

置き換え編集

本形式のうち、開業当初からの車両は車齢が30年を数えており[5]2006年度 - 2010年度の計画により、順次3050形の増備が再開されると同時に運用離脱することが決定していたが、交通局の予算の関係上、計画は2011年度末に延期されると同時に3050形の増備からN3000形の導入へと変更され、2012年3月16日から2017年9月8日にかけてN3000形の導入が行われ、2012年3月末から2016年6月30日にかけて未改造車7編成、2017年7月末から9月7日にかけてATC未更新・省令対応追加改造車2編成が運用離脱した。

2019年から2022年にかけて3次車以降で構成される6編成と3159編成中間車2両が運用離脱する予定。

運用編集

営業区間
急行運転

名鉄犬山線の線路容量の関係で、2005年1月29日のダイヤ改正から3050形と共に初めての急行運転を開始した。また、2007年6月30日のダイヤ改正では岩倉行きの急行を新設(普通から急行に格上げ)。その後、2011年3月26日のダイヤ改正では犬山線内で急行となる列車がさらに増発され、犬山行き3本、岩倉行き2本となった。現在は全て鶴舞線の車両(本形式・3050形・N3000形)での運行である。

  • 2008年12月27日のダイヤ改正から急行は扶桑駅にも停車することになったものの、自動放送装置が更新されていないため、急行運転時は名鉄線内において自動放送装置の使用を停止し、車掌が肉声で案内している。なお、普通列車として運行される時は従来通り自動放送装置を使用している。
  • 方向幕には急行の種別表示があるが、名鉄車にある準急の表示はなく、名鉄各務原線(名鉄犬山線新鵜沼駅を含む)や名鉄広見線の駅名は入っていない。

以前にも名鉄犬山線内では名古屋市交通局所属車両(地下鉄車)による一部駅通過列車が存在したが、列車種別上は普通特別通過扱いであり、1999年のダイヤ改正までは朝ラッシュ時に徳重駅(現・徳重・名古屋芸大駅)大山寺駅を通過扱いとする運用だったため、停車駅としては現在の準急に相当する直通列車の設定があった。

その他

本形式は鶴舞線の他の車両と共通で運用されている。運行は列車前面に2桁で表示された「運用記号」で管理されており、地下鉄車が00~30番台、名鉄車が50・60番台を使用している。ただし、運行距離調整のための代走時は相手方の番号を利用する。なお、前述の通り急行運転は5本とも地下鉄車で運用され、代走時を除き、名鉄車で運行されることはない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 現・日本製鉄
  2. ^ 実際には第一陣の落成は1976年内で、鉄道趣味誌では同年12月に運用開始した名鉄6000系と同じ号で紹介されている。
  3. ^ さらにその前は、発車予告ベルだった。
  4. ^ 3159編成中間車も同時期に行われた。
  5. ^ 3159編成中間車は2019年時点で車齢42年になるが、まだ運用離脱していない。

参考文献編集

  • 電気学会「チョッパ制御ハンドブック(第2版)」1980年1月15日発行

外部リンク編集