名古屋市交通局N3000形電車

名古屋市交通局の電車
画像提供依頼:先頭部のクローズアップ・車椅子スペース・運転台・台車の画像提供をお願いします。2012年3月

名古屋市交通局N3000形電車(なごやしこうつうきょくN3000がたでんしゃ)は、2011年平成23年)に名古屋市営地下鉄鶴舞線用として登場した名古屋市交通局通勤形電車である。

名古屋市営地下鉄N3000形電車
N3000形電車.jpg
鶴舞線用N3000形
基本情報
運用者 名古屋市交通局
製造所 日立製作所笠戸事業所(N3101編成)
日本車輌製造(N3102編成以降)
製造年 2011年 -
運用開始 2012年3月16日
投入先 鶴舞線
主要諸元
編成 6両編成(MT比 3M3T)
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V架空電車線方式
最高運転速度 75 km/h(地下)[3]
100 km/h(地上)[1][3]
設計最高速度 120 km/h[3]
起動加速度 3.0 km/h/s[1]
減速度(常用) 3.5 km/h/s[3]
減速度(非常) 4.0 km/h/s[3]
車両定員 136名(うち座席45名・先頭車)[1]
147名(うち座席51名・中間車)[1]
全長 20,000 mm[1]
車体長 先頭車 19,400 mm
中間車 19,300 mm[2]
全幅 2,746 mm[1]
車体幅 2,746 mm[2]
全高 4,067 mm[1]
車体高 先頭車 3,620 mm
中間車 3,600 mm[2]
台車 ボルスタレス式空気ばね台車[1]
住友[注釈 1][注釈 2] SS176M(電動車)[4] SS176T(付随車)[4]
主電動機 三相かご形誘導電動機 HS32534-19RB[4]
主電動機出力 170 kW[1]
駆動方式 歯車形軸継手平行カルダン(WNドライブ)[1]
歯車比 16:99 (6.19)[4]
編成出力 2,040 kW
制御方式 VVVFインバータ制御
(2レベルPWM制御、PGセンサレスベクトル制御IGBT主回路素子[4][5]
制御装置 東洋電機製造 RG-6011-A-M
制動装置 回生ブレーキ併用遅れ込め制御付きATC連動電気指令式空気ブレーキ[5]
保安ブレーキ[5]EB装置
保安装置 車内信号ATC[6]
M形ATS[6]
テンプレートを表示

鶴舞線のほか、名古屋鉄道犬山線豊田線三河線直通運転をしている。ただし、三河線へは梅坪 - 豊田市間以外は営業運転内での直通は行われていない。

車両概要編集

鶴舞線としては3050形以来17年ぶりの新形式であり、1977年伏見 - 八事間開業時に営業運転を開始した3000形の置き換えに合わせた近年の急速な技術進歩と社会ニーズ変化に対応するため[7]2011年(平成23年)から2022年(令和4年)にかけて16編成96両が製造される予定[7]

火災や事故の対策に関する省令などが改正されたことを反映した[7]

車体編集

 
左:N3101編成、右:N3102編成
(2012年6月12日 日進駅
 
N3000形N3101編成(アルミ車)
 
N3000形N3102編成(ステンレス車)

外観デザインはN3101編成のみこれまでの丸みを帯びたもの[1]で、N3102編成以降は直線を多用したものとなり、メーカーによって車体構造が大きく異なり、鶴舞線の車両で初めてのアルミニウム合金製の車体は名古屋市営地下鉄の車両で初めてのダブルスキン構造A-train[7]ステンレス鋼製の車体は鶴舞線の車両で初めての日車式ブロック工法[8]を採用した。

先頭車・中間車とも全長20,000mmで、車体幅は2,746mmで[注釈 3]、左右の車側灯間の幅は2,780mmとなっている[9]。客用ドアは各車両とも4箇所で、天地寸法は1,850mmで、幅は1,300mmとなっている[9]

客室の窓ガラス上下には鶴舞線のラインカラーである青帯を配している[7][1]。全ての車両連結部間の貫通路には通常時に閉じる構造の扉を設置した[1]

正面は外側に鶴舞線の車両で初めてのHID前照灯、内側にLED尾灯が配置され、非常用貫通扉運転台から見て右側にオフセット配置されている[7]行先表示器は名古屋市営地下鉄の車両で初めてのフルカラーLED式とされ、急行を含む名鉄様式での表示も可能である[7]。客室の窓ガラスは客用ドア間が2連式の下降窓、車端部の窓は固定窓とした[7]。なお、N3101編成は室内側から見ると窓ガラスの天地寸法をA-trainの設計から縮小した形跡が確認できる。

N3101編成のアルミ車体とN3102編成以降のステンレス車体の異差については入札結果によるものであり、名古屋市営地下鉄の車両で唯一アルミ車とステンレス車が混在する形式となっている。

車内編集

 
名古屋市交通局N3000形車内
(2013年2月9日 N3102H)

座席はオールロングシートで、一人あたりの幅を460mmと設定し、座り心地を考慮した簡易バケットタイプとし[1]、客用ドア間に7人掛け、客用ドアと連結面の間に3人掛けの座席が配置されている[1]が、構造は上飯田線7000形で採用された片持式を踏襲する。地下鉄の車両という条件から、車内の配色は天井・壁面とも明るい白系統の模様入り化粧板を採用し、床は有松絞りをモチーフとしたデザインとした[7]

鶴舞線の車両としては初めて客用ドア上部に17インチワイドLCD車内案内表示器(通称「ハッチービジョン」)とドア開閉方向を示す表示器が千鳥配置[6]、全客用ドア上部の左右2か所にドア開閉動作開始ランプが装備、乗降口にドアチャイムが設置された。また、客用ドアの室内側は化粧板仕上げであり、点字で進行方向と乗車位置番号・号車番号が表示され[1]、客用ドア床面は識別を容易とするために黄色とされた[7]。さらに、戸閉装置には客用ドアに人や物が挟まった場合に容易に脱出できるように戸閉力を約4分の1に抑える戸挟み制御器が設置された[1]

右側のディスプレイの駅名表示は日本語(漢字・ひらがな)→英語→韓国語→日本語(漢字・ひらがな)→中国語(簡体字・繫体字)…を回転させながらアニメーションのような表示をする。ホーム案内も進行方向から向かうような感じで表示している。この技術は東京地下鉄8000系後期更新車と16000系都営地下鉄10-300形一部編成と12-600形一部編成、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄30000系御堂筋線仕様車にも採用されており、名古屋市営地下鉄では桜通線6050形6152編成以降に続き、2車種目の採用となった。

名鉄線において車内巡回中の車掌がドア開閉を行いやすいように中間車の左右に1カ所ずつ車掌スイッチが設置された。全車両に非常通報器が設置された[1]車椅子スペースは3050形の両先頭車への設置から1両に1か所への設置へと拡大されている。

車掌から運転士への発車の合図等に使用される信鈴は、3050形まで電磁式の鐘とブザーを使い分けていた (地下鉄線内はブザー1回、名鉄線内では鐘2回) が、本形式からはブザーのみ (地下鉄線内では1回、名鉄線内では2回) とされている。3050形までと同様、運転室内だけでなく、全車両で信鈴を聞くことができるようになっている。

走行機器など編集

運転台は、3050形と同様に進行方向左側に配置した。主幹制御器はブレーキ設定器と一体となった右手操作型ワンハンドル式を採用、車両情報装置のタッチパネル式液晶モニタを配置した[7]。この車両情報装置は、先頭車両に搭載した中央ユニットと中間車床下に搭載した端末ユニットを、ラダー形伝送回路で接続された伝送ネットワークを用いて結び、他の機器とのデータ送受信を行うことにより、機器の制御や監視・検査、さらには乗客サービスをサポートするシステムで、制御装置やブレーキの制御を行う機能、車内案内表示・自動放送・空調の制御を行う「乗務員支援機能」、主要機器の車上検査を行う機能、車両で停止している状態でも模擬走行状態として各種案内設備やデータ収集・ICカードへの転送を行う「検修支援機能」、運転状況を記録する機能などを有している[6]。また、運転制御指令の送受信回路は冗長性を高めるために完全二重系とした[6]保安装置は鶴舞線内で使用する車内信号式自動列車制御装置(CS-ATC)相互直通先の名古屋鉄道線内で使用する自動列車停止装置(M式ATS)を装備した[6]。ATCは受信速照部、継電器部と検査記録部の三部構成で、受信速照部はマイクロコンピュータ2基を二重構造としたデュアルコンピュータ方式としたほか、M式ATSの受信器はCPUを使用したソフトウェア処理を行うME形とした[6]

制御装置PGセンサレスベクトル制御を用いたIGBT素子を用いた2レベルPWM VVVFインバータ制御を採用し[9][4]、インバータ1基で主電動機4台を制御する (1C4M) 車両単位の制御とした[9]。素子の冷却方式は自冷式ヒートパイプ方式で、冷媒には純水を使用する[9]。主電動機は1時間定格出力170kW[注釈 4]かご形三相誘導電動機を採用[9][4]、自己通風式押し込みファンとすることで集排塵効率の向上を図った[9]。駆動装置は3000形・3050形と同様の歯車形軸継手平行カルダン式駆動方式(WNドライブ)とした[9]

制動装置(ブレーキ)遅れ込め制御を有するATC連動回生併用電気指令空気式で、ブレーキ受信装置1台で2両分の常用ブレーキ制御を行うほか、0km/hまで制御する純電気ブレーキを採用している[9]

台車はモノリンク式空気ばねボルスタレス台車[1]、軸箱に密閉式筒ころ軸受を採用しており[10]、リンク内と軸ばね内に特殊ゴムを内蔵することで、走行性能や振動特性の向上を図った[1]

集電装置(パンタグラフ)は各電動車にPT7164-B型[3]シングルアーム式を搭載した[7]冷房装置は、出力24.4kW (21,000kcal/h) の集約分散式を各車両に2台搭載した[7]。このほか補助送風機としてラインデリアを設置している[4]。補助電源装置は125kVAの3レベルIGBT素子式静止形インバータ (SIV) を採用した[9][4]電動空気圧縮機 (CP) については三相誘導電動機直結式2段圧縮横型直列3気筒式で[4]、1編成で2台搭載した[9]

編成編集

形式
製造年度 メーカー 車体
N3100
(Tc1)
N3200
(M1)
N3300
(M2)
N3400
(T1)
N3700
(M3)
N3800
(Tc2)
自重[1] 日立製 28.1t 32.9t 32.1t 26.3t 32.9t 28.3t
日車製 31.0t 35.6t 34.7t 28.5t 35.7t 31.4t
車両番号 N3101 N3201 N3301 N3401 N3701 N3801 2011年 日立 アルミ
N3102 N3202 N3302 N3402 N3702 N3802 2012年 日車 ステンレス
N3103 N3203 N3303 N3403 N3703 N3803 2013年
N3104 N3204 N3304 N3404 N3704 N3804 2014年
N3105 N3205 N3305 N3405 N3705 N3805 2015年
N3106 N3206 N3306 N3406 N3706 N3806 2016年
N3107 N3207 N3307 N3407 N3707 N3807
N3108 N3208 N3308 N3408 N3708 N3808 2017年
N3109 N3209 N3309 N3409 N3709 N3809
N3110 N3210 N3310 N3410 N3710 N3810 2019年
N3111 N3211 N3311 N3411 N3711 N3811
凡例
  • Tc:制御車
  • M:電動車
  • T:付随車
  • VVVF:制御装置(1C4M)
  • PT:集電装置
  • SIV:補助電源装置(静止形インバータ)125kVA
  • CP:電動空気圧縮機

増備過程編集

2011年10月8日から9日にかけてアルミ車体のN3101編成が日立製作所笠戸事業所から日進工場甲種輸送され、試運転を実施し、2012年3月16日から鶴舞線で営業運転を開始した[11][12]

2012年6月1日から2023年3月にかけてステンレス車体のN3102 - N3116編成が順次増備され、予定編成数が全て出揃う予定[8]。この内、2019年度 - 2022年度増備分は3000形ATC更新・省令対応改造車および3050形3159編成を置き換えるために順次増備される予定。

改造編集

 
N3000形 LCD式車内案内表示器の多言語化
(2020年4月上旬)

ワイパースイッチの位置移設編集

2013年7月には、N3102編成にワイパースイッチの位置移設が行われた。

運転台パネル右側の時刻表立て小改造編集

2016年春頃には、N3101 - N3105編成に運転台パネル右側の時刻表立て小改造が行われた。

車内のWi-Fiアンテナ設置編集

2017年1月から2月にかけてN3101 - N3105編成に車内のWi-Fiアンテナ設置が行われた。

乗務員室内貫通扉前の手すり付き非常はしご追加搭載編集

2018年2月には、N3101 - N3105編成に乗務員室内貫通扉前の手すり付き非常はしご追加搭載が行われ、専用カバーが掛けられた。

LCD式車内案内表示器の多言語化編集

2020年4月からは、N3101 - N3111編成にLCD式車内案内表示器の多言語化が順次行われている[13]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 先代の3050形は日車製の台車を採用していたので、先々代の3000形以来となる住友製の台車を採用している。なお、鶴舞線に乗り入れて来る名鉄100系は他の名鉄車両と同じく住友製の台車を標準採用している。
  2. ^ 現・日本製鉄
  3. ^ 左右の客用ドア下部の靴ずり部分の幅。
  4. ^ 端子電圧1,100V、回転数1,960rpm

出典編集

※N3101編成とN3102編成以降の車体の異差については「名古屋市調達情報サービス」内の「入札結果」の「平成21年度」および「平成22年度」、申請区分ー「物件の買入/借入」の件名 「高速度鉄道第3号線車両 車体・ぎ装の製造請負」参照。

参考文献編集

  • 諏訪正彦, (名古屋市交通局技術本部車両電気部電車車両課)「名古屋市交通局鶴舞線N3000形」『鉄道ジャーナル』第547号、鉄道ジャーナル社、2012年5月、 86-89頁。
  • 諏訪正彦, (名古屋市交通局技術本部車両電気部電車車両課)「名古屋市交通局N3000形」『鉄道ファン』第612号、交友社、2012年4月、 76-81頁。
  • 諏訪正彦, (名古屋市交通局技術本部車両電気部電車車両課)「名古屋市交通局N3000形」『鉄道ピクトリアル』第861号、電気車研究会、2012年4月、 106-110頁。
  • 「Railway Topics」『鉄道ジャーナル』第545号、鉄道ジャーナル社、2012年3月、 146-153頁。“名古屋市交通局がN3000形導入”

関連項目編集

外部リンク編集