名古屋市道江川線

名古屋市道江川線(なごやしどう えがわせん)は、名古屋市西区の秩父通交差点から中村区中川区熱田区を経て港区名古屋港ガーデン埠頭に至る、名古屋市の市道である。

名古屋市道
名古屋市道江川線
江川線
(愛称として1984年制定)
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

名古屋市により「江川線」が公式な愛称として制定されている。

目次

概要編集

秩父通交差点から浅間町交差点までは名古屋市営地下鉄鶴舞線が、日比野交差点から終点までは地下鉄名港線が、それぞれ地下を通っている。国道県道ではないが、名古屋市を南北に抜ける道路として重要であり、交通量が多い。

西区庄内通から中川区山王まで名古屋高速6号清須線および都心環状線が上を通っている。また、山王から港区役所付近までは名古屋高速4号東海線が通っている。

江川線の名前の由来は、もともと、「江川」と呼ばれた用水路(正式には「庄内用水の東井筋」であり、庄内川から堀川の西側を流れていた)を大正時代に暗渠化して道路とした事からその名称がついている[1]。また、1984年(昭和59年)に名古屋市が市内の道路の愛称を公募した際に、従来から用いられていた通称をそのまま道路の愛称として制定した[2]

かつては名古屋市電浄心延長線上江川線押切線下江川線野立築地口線築港線)が敷設されていたが、交通環境の変化もあって1971年昭和46年)までに廃止された。

別名編集

  • 江川線(名古屋市西区、中村区、中川区、熱田区、港区)
  • 浄心通(名古屋市西区)
  • 西郊通(名古屋市熱田区)

地理編集

通過する区編集

接続道路編集

接続する道路 接続する場所
愛知県道63号名古屋江南線(名草線) 西区 (秩父通交差点 - 浅間町交差点で重複)
名古屋市道名古屋環状線(環状線) 浄心本通 秩父通交差点 北緯35度11分49.4秒東経136度53分25.9秒
  国道22号(菊ノ尾通) 浅間 浅間町交差点 北緯35度11分0.9秒東経136度53分25.2秒
愛知県道200号名古屋甚目寺線外堀通 那古野 明道町交差点 北緯35度10分39.9秒東経136度53分23.4秒
愛知県道68号名古屋津島線桜通 中村区 名駅 泥江町交差点 北緯35度10分19.9秒東経136度53分23.1秒
錦通 西柳町交差点 北緯35度10分9.8秒東経136度53分23.1秒
愛知県道60号名古屋長久手線広小路通 名駅 柳橋交差点 北緯35度10分5.3秒東経136度53分23.2秒
若宮大通 名駅南3丁目交差点 北緯35度9分44秒東経136度53分27秒
大須通 水主町交差点 北緯35度9分34.6秒東経136度53分29.2秒
名古屋市道山王線(山王通) 中川区 山王 山王橋交差点 北緯35度9分7.7秒東経136度53分33.7秒
愛知県道29号弥富名古屋線八熊通 南八熊町 八熊通交差点 北緯35度8分24.7秒東経136度53分35.4秒
  国道1号 熱田区 六番 六番1丁目交差点 北緯35度7分25.7秒東経136度53分17.7秒
名古屋市道東海橋線(東海通) 港区 東海通 東海通交差点 北緯35度6分48秒東経136度53分9.6秒
  国道23号名四国道 港栄 港栄4丁目北交差点 北緯35度6分2.1秒東経136度52分59.9秒
  国道154号 築地口交差点 北緯35度5分56.7秒東経136度52分58.7秒
名古屋市道金城埠頭線(金城ふ頭線)

沿線にある駅編集

沿線周辺編集

ギャラリー編集

名古屋市営バス「六句町」停留所(2015年1月) 
国道23号との交点(2014年9月) 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 沢井鈴一 (2009年11月20日). “公孫樹の大木” (日本語). Network2010. 2015年8月21日閲覧。
  2. ^ 『広報なごや』1985年(昭和60年)1月号 p11. 名古屋市鶴舞中央図書館

外部リンク編集